2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
貧乏神=竹中平蔵がまた何か喚いてる
2013/04/05(Fri)
貧乏神=竹中平蔵がまた何か喚いてる

px300_1.jpg


空港や地下鉄の運営を民間に任せれば、数十兆円規模の「埋蔵金」を掘り出せる――。政府の成長
戦略を話し合う産業競争力会議の3日の会合に、民間議員として出席した竹中平蔵・慶大教授はこんな見通しを
示した。公的施設などの民営化を急ぐべきだとの提言だ。

競争力会議の試算では、空港や高速道路、上下水道といった公的な資産の総額は約185兆円。負債を差し引い
ても約100兆円の価値がある。こうしたインフラなどの「運営権」を売却すれば、「最低でも数十兆円になる」(竹中
教授)という。会議では、運営権の売却で得たお金を、古くなった道路やトンネルを直す費用に回す案も出た。

空港など社会インフラの運営を民間企業にまかせれば、収益を上げる効率経営につながる可能性がある。ただし、
もうからない部門の切り捨てにつながるおそれも指摘されており、どの程度まで踏み込むべきかについても今後、
議論する。


http://www.asahi.com/politics/update/0404/TKY201304030575.html

この男は“日本を壊す&売り飛ばす”という目的においてブレないですね。

いやあ~お見事お見事ww

おそらく、この男は日本を憎んでる。

もともとはコンプレックスの塊のような男だから、その有り余る負のエネルギーを日本壊国に向けてるのだと思います。

電気、ガス、水道、通信、鉄道、空港などのインフラというのは、

国によって程度の差こそあれ独占事業ですから、これを外資に売り渡すというのは間接的な主権放棄につながります。


それこそ、水道料金が2倍にされたり、有事に空港を使用させてもらえないとかありえます。

実際に中南米ではそれが起きてます。

貧しい人は水道水すら飲めないから、泥水をこして飲んでる。

賄賂で篭絡された役人や政治屋が後先考えないで外資に売り飛ばした結果です。

自国の水(命)の値段を外資に決められるとか、もうね、それは主権国家ではないですね。

いま、西武鉄道がTOBでサーベラスの標的になっていますが、

インフラが外資に乗っ取られるとどうなるか?

いい反面教師になると思う。

つーか、竹中の貧乏神を何とかしないと日本はやばいです。

何でもかんでも、「民営化」 「規制緩和 」「グローバル化」でくくって、

歴史を遡り未来まで貫く哲学もビジョンもないくせに、

市場原理主義の旗の下で短絡的に事を進める人間は信用ならないです。


たま~に応援クリックお願いします(^^;)↓

人気ブログランキングへ

CFD以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★


スポンサーサイト
この記事のURL | 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |