貧乏は遺伝する

貧乏は遺伝する

51-mg2ZU2pL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


最下位による、最下位からの戦い方

著者は幼少の頃過ごした、田舎町での貧しい暮らしの実体験からこう語ります。
「貧乏は病気だ。それも、どうあがいても治らない、不治の病だ」

10代後半で上京し美大を目指すも、、自分の実力のなさに愕然とします。
 生活するのにお金はかかる。
 予備校の成績は最下位。
 頼れる人は誰もいない…

著者はここで潰れませんでした。
 もうあの貧乏な田舎町には戻らない
 東京で絵を書いて食べていく

そう決意したからこそ見出せた処世術が、本書の中で紹介されています。

自分の実力と立場を客観視して、それでも使ってくれるところを地道に開拓します。
「うわ。この絵で売り込みとかしてるわけ?…キミ、いい度胸してるねえ」

このハングリー精神で進んでいくうちに、少しずつですが稼げるようになっていきました。
「わたしはゲージュツがやりたいわけじゃないんだから。
絵を描くことを仕事にしたいのよ。絵を描いて自分の絵で、カネを稼げるようになりたい!」

やっとのことで貧乏から抜け出し、カネが入ってくるようになった時の落とし穴にもしっかりとはまります。

ギャンブル、為替、借金…
カネがあるからこその悩みも十分に体験しました。

「カネ」という軸で著者は自分の人生を振り返り、若者に対して唱えます。

生きていくなら、お金を稼ぎましょう。
人が人であることをやめないために人は働く。
働くことが、生きることなんだよ。

さんざん振り回されてきた著者の語る、大事な「カネ」の話。
リアルな体験談だからこそ、強く訴えるところがありました。


カンボジアのプノンペンに、スモーキーマウンテンがある。ごちゃごちゃに捨てられたゴミから、有害なガスが自然発火して煙が上がる。だから「煙の山」だ。そんなごみ溜めから、ペットボトルと鉄くずを集める仕事をしている女の子いる。彼女は、一日働いて日本円で200円の稼ぎだ。それは家族の一食分の食材を買うと、無くなってしまう。しかし、それは自分の為じゃない、家族のために働いた稼ぎだ。

 著者は言う、「働いてよかった。….お金には、家族(大切な人たち)を守ってあげる力があるんだよ。」それだから、人となる。人が人であるために、お金を稼ぐのだろう。



有名な漫画家・西原理恵子さんによる、お金に関する自伝的エッセーです。

お金に関する本はたくさんありますが、これは自伝ですので、リアリティーが違いますね。

アマゾンのレビューを見ても、とても評価が高くて一読に値する本だと思います。

私もさっそく購入しました(^^)


世の中は不公平です。

寝てても不動産収入や株式の配当なんかで毎月数百万円以上の大金がザクザク入ってくるひともいれば、

今日の食事にも窮する人もいる。

私自身、今までどえらい金持ちもどえらい貧乏人も見てきましたが、

自助努力のような後天的要因よりも先天的要因がどちらかといえば大きいように思います。

つまり、金持ちの家に生まれれば金持ちのまま、貧乏な家に生まれれば貧乏なまま・・・・ということです。

貧しいと高レベルの教育が受けられないし、私立の医学部なんかだと中産階級ではとても行かせられないです。

これを著者は「貧乏は遺伝する」と表現しますが、なかなか言い得て妙です。

私も一度はどん底を経験してますから、お金のない惨めさはよくわかります。

「ボロは着てても心は錦」

とか言いますが、そんなのウソ。カネがないと心も病んでくる。

将来に希望のある一時的な貧乏はいいけど、カネがないことを自分で認めて受け入れてしまうともうアウト。

どんどん卑屈になっていって、後ろ向きの思考になり「負のオーラ」だけが蓄積されてゆきます。

貧乏は無条件でだめなんだよ。

とくに未来ある若い人は絶対に受け入れちゃダメ。

世の中の悲しい事件や出来事のほとんどが、元を辿れば「貧困」から来てます。

家庭レベルでもそうだろう。

夫婦喧嘩や家庭不和の原因のほとんどが、なんだかんだいって収入の少なさ(貧困)からきてる。

心に余裕がないから、些細なことでカッとなり、ケンカがおきる。

カネがすべてではないですが、たいていのことはカネで解決できます。

ならなくていい不幸を避けられるし、人間の尊厳も保てる。

では、どうすれば豊かになれるのか?

お金をつくる(残す)には2つの手段しかないです。

「お金を稼ぐ」か「お金を節約する」・・・・どっちかしかないです。

前者は前向きの努力で、後者は後ろ向きの努力ですね。

もちろん難易度は前者のほうが高くて、後者は簡単ですから、ほとんどの方が“節約”を選びます。

節約は美徳ではありますが、けっこうストレスがあります。

なんせ、節約の基本は精神的にも肉体的にも「ガマン」することですから、無理もないです。

最近の研究でもストレスが様々な病気を引き起こすことが判明していますが、

実際、節約のしすぎで重い病気になったひとを知ってます・・・(--;)


私自身は一貫して「お金を稼ぐ」ほうに注力してきました。

ストレスをともなう節約はいっさいしません。昔も今も今後もしません。

毎日好きな食事をして、好きなだけ寝て、好きなときに読書やドライブ、旅行なんかをする。

会社経営やめてからは専業トレーダーですから、もちろん、わずらわしい人間関係もない。

売上に一喜一憂することもない。

ストレスがないって最高に幸せですよ。(最近は楽しすぎて、これはこれでいかんな・・と思ってます)

そのせいか、身体がほとんど老化しないです。

日ごろストイックに鍛えているとはいえ、未だに基礎代謝量は19歳男子の平均値ですし、

皮膚年齢も20代のままwww

42歳のオッサンですが、同年代では完全にぶっちぎりですw

それもこれも、相場でメシを食えるようになったからであって、

イベント業や飲食店の法人経営をつづけてたなら、今頃、ひーこらいって苦労してたに違いないです。

よく、「不幸は幸福の顔をしてやってきて、幸福は不幸の顔をしてやってくる」といいますが、

私の場合は、まさにそうでした。

専業トレーダーになりたくてなったわけではないけど、結果的にこの道を選んで正解だった。


一度きりの人生・・・・皆さんも後ろ向きの「節約」ではなくて前向きの「稼ぐ」ほうに努力してみてください。

ぜったいに、そのほうが人生楽しいですって。


たま~に応援クリックお願いします(^^;)↓

人気ブログランキングへ

CFD以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif
★日経225先物・OPランキング★


テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴20年の個人投資家です。

Author:相場歴20年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ