60代以上でも稼げる仕事、60歳で切られる仕事

60代以上でも稼げる仕事、60歳で切られる仕事

51EpWKI4PCL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


55歳だった定年を「60歳以上」に義務化した法律は1998年の施行だった。それから15年、今度は65歳までの雇用を義務化する法律が今月から施行された。一方、ドイツは67歳とすることを決め、スウェーデンは既に67歳。日本は世界一のスピードで高齢化が進んでいるため、団塊ジュニア以降の世代の年金支給開始は「70歳以上」を想定すべきだろう。とはいえ企業は、未来のない60代を理由もなく大事に扱うはずがない。70歳まで現役を続けるうえで、頼れるのは自分だけだ。実は60代以上でも稼げるかは職種により大きく異なるため、今後の仕事選びの重要なポイントとなる。以下、詳しく見ていこう。(本稿は『週刊女性』4月2日発売号掲載のインタビュー記事を改編した)

◇「お客さん個人」につく職種は年齢関係なし
 
もっとも重要となる基準は、顧客ロイヤルティーの対象である。すなわち、その職種が「個人客につくか、組織につくか」だ。たとえば美容院や理髪店では、お客さんが美容師さんや床屋の兄ちゃん個人につく。いったんついてしまうと、代えた場合にゼロから細かなクセや希望を伝える面倒が発生し、失敗するリスク、つまり、スイッチングコストが発生するため、客が転居してもなお、遠方から通い続けることが多い。

 歯医者や主治医も同様で、客が自分の細かなニュアンスも含めたアナログ情報を伝え、理解してもらうには、かなりの時間と回数を擁するため、現状で満足している場合、どちらかが死ぬまで、スイッチしなくなる。だから、勤務医だろうが開業医だろうが、60歳でも70歳でも、終身の仕事となり、経営側も客がいる以上、それなりの報酬で雇い続ける。ジョーブ博士が桑田真澄投手の手術を行ったのは70歳のときだし、聖路加病院の日野原氏は101歳で現役医師だ。

 よって、自分と同年齢か、自分より若い人を顧客につけるのがポイントである。僕が通っている理髪店は同年代の店主なのだが、「いやー、ずっと刈ってもらってた人が亡くなっちゃって、どうしようかと思って」と言ってやってくるお客さんが、時々いるそうだ。死ぬまでの安定受注だから、個人付きの商売は、世間の景気動向もほとんど関係なくなる。

 寿司屋の板前も、客は板前さん個人につく。僕が昔、通っていた赤坂の寿司屋は雇われ店長が握っていたが、リーマンショック後、社内でリストラがあった。だが、馴染みの客を引き連れて、銀座の一等地で独立を果たしている。そのグループの別の店の雇われ板前も以前から知っていたのだが、元いた店から200メートルほど離れた場所に常連さんを引き連れて独立開業した。「リストラされたんですよ~」などと言っていたが、繁盛している様子だった。銀座「すきやばし次郎」の小野二郎氏が88歳で現役であるように、寿司職人も年齢が関係ない世界である。

 百貨店の外商は、典型的な「個人付き」職種だろう。信頼関係は一朝一夕には作れないため、客としても、新しい人が突然やってくるより、安心して買い続けられる。自分の好みやクセを把握した担当者のほうが好都合だ。こうしたアナログ情報はデジタル化不可能なので、それが年齢よりも高い参入障壁となって、雇用が守られるのである。

◇組織につく仕事
 逆に、組織につく仕事というのは、常に取り替え可能な部品みたいなものである。たとえば、運送系が代表だ。パイロットやJRの運転士やヤマトのドライバーは、顧客である乗客や荷主から個人名では選ばれていない。企業名の看板で選ばれている。客はANAを選んだのであって、パイロットの○○さんを選んだわけではない。CAにしても、××さんがいるからANA便を選んだ、というわけではない(キャバクラのごとき指名制にしたら繁盛してしまう可能性は高いが、当局が許さないだろう)。

 組織付き職種の中心は、実は、メガバンクの行員や、TV局員、広告屋、商社マンなど、人気ランキング上位に名を連ねる大企業の総合職社員たちだ。融資を受ける顧客は、三菱東京の看板があるから会うのであって、看板が外れた行員など、誰も相手にしない


http://www.mynewsjapan.com/reports/1808

最近は飲食店やコンビニでも外国人従業員が増えていて、東京なんかだとお店の従業員全員が外国人とか珍しくないですね。

パソコンのDELLなんかも、日本のコールセンターは“中国”にあって、

電話での応対も日本語が話せる中国人です。

社内言語が英語の楽天でも外国人が多数働いています。

確実に労働環境のグローバル化がすすんでいますね。

今後は日本人でなくてもできる仕事やロボットなどに置き換わる仕事を中心にして、

日本人から仕事を奪う時代がやってきます。

製造業がとくにそうですが、車の自動運転技術がすでに完成してますから、ドライバーもやばそうです。

IT先進国である米国では「小学生の65%が今はまだ存在していない職業につく」とまで言われていますから、

逆に言えば「20年もしないうちに今存在する65%の職業がなくなる」ということです。

今のうちから、自分の現在の仕事がグローバル化・ロボット化した世界の座標軸上のどの位置にあるかを知らないと、時代の激変の波に飲まれます。

日本人でなくともできる仕事なのか?

10年、20年後になくなってないか?

60歳過ぎてもできる仕事か?

etc・・・・

amazonの自動仕分けロボットです↓日本のamazonではいまだに“人力”ですが、いずれほとんどがロボットになります。ロボット化した未来は、便利でグロテスクな世界かもしれませんね。。。。



たま~に応援クリックお願いします(^^;)↓  

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

私は長らく日経225先物もやってましたが、今年からCFDでいきます。こちらのブログです↓
日経225先物ブログ

FXに関する情報収集なら下記リンクがおススメです(^^)

にほんブログ村 為替ブログへ

にほんブログ村banner2.gif

bnr02.gif
ブログランキング

FXランキング



FXランキング


ブログ為替レート日経225先物ブログはこちら

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴20年の個人投資家です。

Author:相場歴20年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ