数字の世界で人間はコンピューターに勝てない

数字の世界で人間はコンピューターに勝てない


img_ca22d13340d3bee73fb5961de21ca30f203295.jpg


「人間がコンピュータに負けちゃ、だめだよね?」

 高校生になったばかりの息子がニュースを見ていてそう問いかけてきたのだけど、どう答えたものだろうか---ある友人からそんなメールが届いたのは、4月19日の夜だった。親子ともに、将棋についての知識はほとんどない。そして、その息子さんは「人間」を応援するニュアンスでそう言ったのだという。

 将棋のプロ棋士が初めてコンピュータに敗れたことは新聞やテレビでも大きく報道されているが、その事実をいったいどう受けとめればよいのか、たしかに将棋を知らない人にはわかりにくいだろう。

 煙草を吸いながら、考えた。だが、何本吸っても、しっくりした答えが浮かばなかった。結局は、こんな問題先送りの返信しかできなかった。

「ちょうど明日、電王戦第5局の取材に行くことになってるから、そこで考えてみるよ」

***

 5人のプロ棋士と5つのコンピュータ将棋ソフトが戦う第2回電王戦は、開幕前から大きな注目を集めていた。だが私は最初、ほとんど興味を持てなかった。プロ棋士がコンピュータに負けるのは「時間の問題」だと思っていたからだ。

 すでに昨年の1月、第1回電王戦で米長邦雄が敗れている。引退後とはいえ、米長はひとつの時代を画した大棋士だ。

 2007年には、将棋界の最高タイトル「竜王」を保持する渡辺明が戦い、辛勝したものの、「一時は負けを覚悟した」とまで語っている。コンピュータの実力は、もうとっくにプロ棋士と互角と見るべきなのだ。

 5局も指せば、1人か2人は負けるに決まってるだろ・・・いまさら勝負に一喜一憂する意味が見いだせず、周囲の将棋仲間が熱く予想を語るのを、なんとなく鬱陶しくさえ感じていた。

 しかし---いざ始まってみると、そんな醒めた目はいやでも見開かされた。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35657


チェスや将棋の世界では、「コンピューター>人間」が当然になってきています。

1997年に世界チャンピオンのガルリ・カスパロフが、

IBMの誇る最強のスーパーコンピュータ「ディープブルー」に敗れて以後、

コンピュータは完全に人間を超えてしまいました。

いまではディープブルーより強いソフトも無料で公開されていて、

インターネット中継では、一流プレイヤーどうしの対局を、

コンピュータが予想する「正解」を見ながら観戦することもできます。

それはもはや、対局者がその手を指せるかどうか「テスト」する感覚・・・。

人間に求められるのは、「正解」よりもむしろ、「不正解」が生み出すドラマや感動なのであって、

いつかは将棋も、人間どうしの対局は「人間らしい不正解」を鑑賞するためのものになるのでしょう。

このとき、“興行”としての将棋界がどうなるかわかりませんが、

プロ将士が「神」でなくなる日が確実に迫っています。


相場の世界でも同様の潮流で、昔だと熟練のディーラーが注文板を見ながら“相場観”で勝負できたけど、

今は無理です。

外資系金融機関を中心にコンピューターによる超高速売買が主流になってきて、

昔のようにのんびり注文板見てても勝負になりません。

地場の中小証券会社にいたっては、自己売買部門を廃止するとこまででてきています。

ディーラーもずいぶんクビになりましたね。

私の事務所は大阪の北浜近くだから、中小地場証券の衰退ぶりはよくわかります。

人間主役の時代から変わったのです。


相場とはつまるとことろ数字の世界であって、

数字の世界においては必然的に「コンピューター>人間」となる・・・私はずっと昔からそう考えていて、

現在の状況も予想通りと言えばそのとおりです。

けれど、勝機はある。

それは、

人間にだけできて、コンピューターにはできないことがあるからです。

私はそこに気づいた。

地球でいちばん大きな為替の世界で、凡庸な個人が大容量高性能コンピューターを永続的に打ち負かす・・・

なんともエキサイティングな話ではありませんかw

人間の能力というのは、人間が考えているよりもずっと大きいのですよ。

それに、“気づいて”、「使う」か「使わない」・・・だけの問題です。



記事更新の励みなります。たま~に応援クリックお願いします(^^;)↓

人気ブログランキングへ

CFD以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
120x60b.gif

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴20年の個人投資家です。

Author:相場歴20年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ