2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
8/22~26 専業トレーダーのCFD&日経225先物トレード結果
2013/08/27(Tue)
8/22~26 専業トレーダーのCFD&日経225先物トレード結果


ここ数日は朝晩の気温が下がって過ごしやすくなりました。
秋の気配が少しずつ感じられて、ようやく酷暑ともオサラバと思うとほっとします。

今日はiphone愛用者におすすめの商品を紹介します。
外出先で注文をするときに気をつけたいのが「落下」ですが、これだと安心ですね。
何より、世界最高水準の技術によるケースですから、運気も上がりそうですね(^^)
私は今はドコモのアンドロイドですが、これは欲しいなあ・・・・。
スマホって、今や日常生活でいちばん手に触れる時間が長いツールですから、
これぐらいいいものを持ったほうがいいと思います。
靴や寝具など、地面と人体の間にあるモノと長時間直接手に触れるモノは多少無理してでも高級品を持つべきです。

落下の衝撃から「iPhone5」を守る究極のアイフォーンケースが誕生した。F1マシンや人工衛星の部品も手掛け、超微細加工の分野で世界トップレベルを誇る金属精密加工業の「入曽精密」(埼玉県入間市)が開発。指先や手にしっくりと吸い付くような質感があり、見た目もスマートで美しい。重さは一円玉17枚分のわずか17グラムで、自動車のバンパーのように、アイフォーン本体の側面を保護する。
 落としても傷つきにくい理由は、ジュラルミン製ケースの内側に装着された高密度ウレタンのクッションだ。アイフォーン本体は直接、ケースのフレームに触れず、クッションが本体を支えるという構造。硬くて弾力性もある高密度ウレタンはクッション性に優れ、経年劣化の度合も小さい。

 このアイフォーンケースには同社が開発した「MC造形システム」が用いられている。人間が肉眼で識別できる限界を超える数値制御による作業を可能とした超微細切削・加工技術で、フレームの表面に見える何万本もの切削痕がその証しだ。
 たとえば、素材のジュラルミンを薄くした方がケース本体の重さは軽くなるが、金属は薄くすると反りが生じる。同社の斎藤清和社長は「一つひとつ丁寧に切削加工してデザインを形にし、反りを生じさせないためにできた痕跡。量産品では出せない」と話す。手にした時にしっくりとくる質感の秘密は、まさにこの切削痕にある。



続きは・・・

035002000006_2.jpg


日経225先物 +0

SP500  +0

ナスダック +0

NYダウ +51000

                 今月合計 +1309000円

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ

CFD以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |