2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
日経225先物 10月23日の結果 -200000円
2014/10/23(Thu)
日経225先物 10月23日の結果 -200000円

今月合計  +220000円

「年収3000万円以上の人しか参加できない婚活パーティーに行ってきたよ。」

 そう突然語りだしたのは、某一流企業に勤めるバツイチの知人男性Sさん(42)。Sさんは企業に勤めながら、自身で会社経営も行い、さらにビル一棟を所有し不労所得も得ているという裕福な男性。参加したのは、男性は年収3000万円以上限定で参加費は無料、女性は参加条件はないものの参加費3万円という婚活パーティーだったという。

 「婚活」という言葉は、世間にしっかり定着した感がある今日この頃。しかし、富裕層の男性をターゲットに婚活を繰り広げる女性たちの婚活事情は意外と世間に知られていない。

 Sさんいわく、「あんなパーティーに参加する女性はロクな人がいない。行かなきゃよかった」。Sさんはルックスに自信がなく、女性へ積極的にアプローチできないため、はっきり言って、モテるタイプではない。しかし、そのパーティーでは女性がひっきりなしに寄ってきて、モテモテ状態。Sさんは3人の女性と連絡先を交換したそうだが、その後女性たちのガッツキぶりに引いてしまったという。

「3万円の参加費のもとをとろうとしているのか、ここで何とか次に繋げなきゃと思っているのかわからないけど、とにかくアピールがすごい。まだ付き合っているわけではないのに、次にお茶した時には『旅行に行きたい』とか、泊まりのデートばかりに誘ってくるんだ。体の関係に早く持ち込んでモノにしようというのが見え見えで、うんざりした。」(Sさん)

 Sさんは結局、そのパーティーで知り合った女性の誰とも上手くいかず、これに懲りたのか婚活も中止し、現在も独身のまま。富裕層男性限定の婚活パーティーとは、本当にこのような女性たちが集まっているのだろうか。「YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア)」は今回、都内で開催された某婚活パーティーに極秘潜入してみた。


http://media.yucasee.jp/posts/index/4670/1

女郎ぐも

怖いですね。
付き合ってもないのに、いきなり泊りがけの温泉旅行とかに誘うって、
必殺技のカニばさみで“妊活テロ”仕掛けて仕留める気満々ですww
「子供できたわよ。責任とってよ!」なんて責められたら、気の弱い男だとすぐに陥落だろw
昨今の就業非正規化の流れで女性たちの専業主婦願望はかつてないほど高まっています。
とくに若い女性は顕著です。今の大学生などは両親が共働きが当たり前だし、間近で苦労を見てるから余計です。
なにより右肩下がりの時代になって、食べるために働きつづけることがいかにしんどいか、私ら世代を見て感じ取ってるだと思う。
キャリア積んでる先輩って、いつもカリカリしてるし、疲れてる。なんか幸せそうに見えないな・・・と。
私の世代だと、ちょうど女性の社会進出が持て囃された時代で、バリバリ働くキャリアウーマンがかっこよく見えた時代。
家に閉じこもる専業主婦なんかむしろ小バカにされてた時代です。
当時のテレビや雑誌の論調もそんな感じで、女性の社会進出を煽ってた。
そんな中でも大学時代の私は、専業主婦が職業カテゴリーの1セグメントなんかではなくて、
特権階級つまりは“身分”だと見抜いてた。
当時(20年以上前です)の友人たちに「将来、専業主婦やりたくてもできなくなる時代が来る。専業主婦は上流階級の証になる」と言ったら、みんなポカーんとしてたなあw
「職業」と「身分」は決定的に違いますよ。
最近は、アメリカの高学歴の若い女性さえハウスワイフ願望が強くなってますが、
成長!成長!売上ア~プ!!ノルマ未達は死んじまえ~♪と唱和しながら、毎日毎日ヒーコラヒーコラ働くことに疑問を感じてきたんだと思います。
売上の数字を見て目を吊り上げることのバカバカしさに気づき、ありふれた日常に小さな幸せがたくさん隠れてると気がついただけ。
若い女性たちの専業主婦願望は資本主義の自壊現象のひとつだと私は考えています。




日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
ブログランキング
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |