2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
専業トレーダーの日経225先物&CFD 2月6日の結果
2015/02/07(Sat)
専業トレーダーの日経225先物&CFD 2月6日の結果


日経225先物 2月6日の結果 -80000円

今月合計  +40000円

CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100) 2月4日の結果  +550000円

今月合計 +930000円

日本マクドナルドホールディングスが5日発表した1月の売上高は、全店ベース、既存店ベースとも38.6%減と大幅なマイナスになった。これは昨年8月の25%減を上回り、2001年7月の上場以来、最大の落ち込みとなった。

 年初から相次いで発覚した異物混入により、客足が遠のいた。昨年7月に発覚した中国工場での鶏肉の期限切れ問題により、昨年8月は全店売上高で25.7%減となったが、これを上回る下げ幅となった。

 1月の既存店客数は28.5%減で、これも昨年8月の16.9%減を大きく上回る。客単価は14.1%減と2けたに達した


産経新聞 2月5日(木)15時35分配信


38.6%減とは尋常ではないですね。
“解体屋”原田氏の時代に優秀な社員もFCも辞めていったので、当然と言えば当然の結果です。
創業者の藤田田氏は草葉の陰で泣いてることだろう。
FC化を一気に推し進めて固定費を削減して、見せ掛けだけの黒字化を達成しましたが、
所詮はタコが自分の足を食ってるだけw
根本的な創造性ある改革をやったわけではない。
象徴的なのは、カウンターのメニュー撤去。
顧客のベネフィットだかなんだかワケわかんないこと言ってましたが、
回転率を上げたい&単品注文させないで高価格セットメニューへの誘導狙ってやったら現場も客も大混乱w
また、60秒で商品を提供できなかったら無料券を渡すキャンペーンでは、
「店員が焦って、バーガーがぐちゃぐちゃ」という炎上事件が起きるなど、やることなすこと失策だらけ。
挙句、朝マックにガムやシャンプーなどオマケ付けるとか、迷走しすぎて痛々しかった。
結局は、FC化というリストラでしか一時的利益を出せなかったといういこと。
無能なトップが居座ると、大企業でもあっけなく逝きます。
そんな原田氏は今ベネッセ。ベネッセ社員は身の振り方を考えておいたほうがいいでしょう(^^;)

ワロタwwwww↓
9784023310162.jpg



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・


人気ブログランキングへ

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |