2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
専業トレーダーの日経225先物&CFD 2月11日の結果
2015/02/11(Wed)
専業トレーダーの日経225先物&CFD 2月11日の結果


日経225先物 2月11日の結果 ノートレード

今月合計  -220000円

CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100) 2月10日の結果  +120000円

今月合計 +530000円


鉄分を補給して、美味しく健康な毎日を。

鉄分の補給に効果のある南部鉄瓶や茶の湯釜に代表される南部鉄器の溶出鉄は、吸収されやすい2価鉄が多いことがあきらかになり、南部鉄器の利用は鉄分の供給効果に有効であることが認められております。(岩手大学教育学部 医学博士 及川桂子氏の研究報告書参照)。科学的にも証明された南部鉄瓶の鉄分補給の効能は、マスメディアでも注目を集めることになり、NHK『ためしてガッテン!』でも取上げられ、大変な反響をいただきました。

貧血予防に絶大な効果。

現在、私たち5人に1人が貧血症、または準貧血症と言われています。 南部鉄器は、鉄分の補給に効果的であり、アルミやステンレスのケトルなどで湧かしたお湯では得られない効果があります。また、アルツハイマー痴呆症の予防にも、効果があると言われております。

飲めなかった水道水が、まろやかな味に。

鉄瓶で沸かしたお湯は、カルキ(塩素)をほぼ除去しますので、いままで飲めなかった水道水が魔法のようにまろやかな味にかわります。日本茶はもちろんのこと、コーヒー、紅茶などの飲み物、食べ物を美味しくします。最近では日本にとどまらず欧米からも注目されるようになりました。 薫山工房の鉄瓶は、小さなお子さまからお年寄りまで、みなさまに安心してお使いいただけます。

鉄瓶と急須の違いについて。

鉄瓶と急須は形状は似ておりますが、急須は内部にホーロー加工を施しておりますので、 鉄分補給の効果はありません。お間違えのないようお気をつけください。


http://www.nanbu93.com/us_page_1.html

鉄瓶で沸かした白湯は美味しいですが、これにはちゃんと理由があるのですね。
インド発祥の伝統的な医学であるアーユルヴェーダでも、
体のバランスを整えてくれる飲み物として推奨されています。
まあ、白湯でもいいですが、鉄瓶で沸かしたお湯で淹れた緑茶なら最強です。
ブログで何度も紹介してますが、読者様でも健康緑茶習慣始める方が増えてきています。
緑茶には健康増進効果と認知症予防効果があるので、老後に備えて今から自分のカラダに投資です。
今までの経験上ですが、たしかに、毎日緑茶飲んでる人はボケませんし、健康そのものです。
実際、1万4000人の成人(65歳以上)を対象におこなわれた調査では、日頃からたくさん緑茶を飲んでいる人は、
老化も遅いことが判明しています。
1日5杯以上緑茶を飲んでいると、入浴や着替えなどの日常生活に必要な行動が、
年をとっても難なくこなせるようになるとかいいことずくめです。
カテキンには灰白質を保護する作用があって、最新の研究では、緑茶が新たな脳細胞の成長を活性化し、
記憶力や学習力を向上させる効果があること判明してるそうですね。
それだけじゃあない。
緑茶は心臓の動脈を柔軟にする効果があるため、血圧の変化にスムーズに対応できるようになるし、
また、抗酸化物質のフラボノイドは、内皮細胞を活性化させ、血管のつまりを防いでくれるというから心臓病予防にバッチリです。
さらには、血糖値を下げる効果があるから、糖尿病予防にも最強です。
実際、1日に5,6杯飲んでる人は、飲んでない人よりも糖尿病発症率が3分の一以下というデータもあります。
ブログ読者様からも、「ちゃんとした緑茶飲み始めたら、コンビニで売ってるようなペットボトルのお茶が飲めなくなった」とかメールいただいております。
さらに、「風邪も全く引かなくなった」とか健康面の効果も実感していただいてます。
まだ始めてない方は、騙されたと思って1回試してみてください。
ビタミンC摂取健康法5年前の記事ですを含め、効果のほどは私が保証しますよ(^^)
最近は、鉄瓶でお湯を沸かして、鉄分補給もしてますw
DSC_0283.jpg



人気ブログランキングへ


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |