2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
専業トレーダーの日経225先物&CFD 3/2の結果
2015/03/03(Tue)
日経225先物 3月2日の結果 +260000円

今月合計  +320000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 3月2日の結果  +440000円

今月合計 +440000円

「初号ハイニッカ復刻版」は、1964年に二級ウイスキーとして発売した「初号ハイニッカ」の復刻版だ。
特級ウイスキーにこだわっていた竹鶴氏ではあったが、一方で「より多くの方に手頃な価格でおいしいウイスキーを飲んでもらいたい」という想いで飲みやすさと価格を重視した商品を生み出した。それがこの「ハイニッカ」で、晩年竹鶴氏が愛飲したことでも知られている。
こちらも現存する「初号」のボトルをブレンダーがテイスティングして、当時の味わいを再現した。
ラベルに書かれている「HiHi」の文字は、「ハイニッカ」という商品名ではあるが「ハイハイ!」と軽やかな掛け声のように親しみを持って呼んでほしいという願いを込めた竹鶴氏のアイデアとのこと。
正装したような初号ブラックニッカのボトルと比べてもカジュアルな装いで、異なるタイプのウイスキーとして考案されている。


http://whiskymag.jp/bk_hi/

bigbossshibazaki_4904230040378.jpg

「マッサン」のヒットでウイスキーが注目されてますが、この初号ハイニッカを懐かしむ方もいるんじゃないでしょうか?
ニッカウヰスキーの復刻版第二弾として、ハイニッカの復刻版が発売されました。
1964年、東京オリンピックが開催された年に、より多くの人にウイスキーを飲んでもらいたいと、
ジャスト500円の価格で発売されたのがハイニッカでした。
私がまだ生まれてない昔ですw
「初号ハイニッカ復刻版」は、現存する中身をニッカのブレンダーがテイスティングした上で、
当時の香味を再現したのだそうです。
竹鶴政孝は夕食の際、和食の時は日本酒、洋食の時はワイン、食後はこのハイニッカを愛飲していました。
なんと、毎晩このハイニッカ一本空けていたそうです。 
さすがに最晩年は、三日で二本にペースが落ちたそうですが、かなりの酒豪だったんですね。
私もお酒好きでウイスキーも飲みますが、さすがに1日1本は無理ww
ところで、ウイスキーは1853年6月23日、アメリカ合衆国東インド艦隊によって、最初に沖縄に伝えられたとされてます。
あのペリー提督が琉球王国の高官を旗艦サスケハナ号の晩餐会に招待し、
スコットランド産とアメリカ産のウイスキーを饗したと『ペリー提督日本遠征記』に記されていますね。
意外に歴史が古いです。
つーか、融通の利かない頑固者のペリー提督久しぶりですねw↓5年前のブログ記事です
超高速取引・・・融通の利かない頑固者の狙い
この記事書いた2010年5月は日経平均株価10500円ぐらいで、
当時の証券アナリストたちは皆「日経平均10000円割れはありえない」とかなんとか言ってましたが、3ヶ月後には私のブログの予言どおり8000円台突入しました。
私の実家の親にも証券マンの営業がしつこかった。
「今が底値、ありえないバーゲンプライスです!!!」とかねw
彼らの言うこと聞いて投資してたら早晩破産しますよ。




人気ブログランキングへ

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |