2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
専業トレーダーの日経225先物&CFD 4/2の結果
2015/04/02(Thu)
専業トレーダーの日経225先物&CFD 4/2の結果


日経225先物 4月2日の結果 +200000円

今月合計  +60000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 4月1日の結果  +110000円

今月合計 +110000円

「優秀な学生を紹介してほしい」

 米IT大手グーグルの役員ら約40人が東京大学の本郷キャンパスを訪ね、人工知能(AI)を研究する大学院生らのリクルートを始めたのは数年前のことだ。学生たちに提示した条件は年収約15万ドル(約1800万円)で、日本のサラリーマンの平均年収の4倍以上。豊富な資金力で研究に不可欠なスーパーコンピューターへの投資も惜しまず、世界最先端の研究者たちと切磋琢磨(せっさたくま)できる環境もある。松尾豊・工学系研究科准教授は「優秀な学生から引っ張られていく。国内産業の将来を考えると日本にとどまってほしいが、行くなとは言えない」と話す。

 グーグルは、2013年にはカナダ、14年には英国のAI企業を買収するなどの動きも活発化させている。その狙いについてグーグルは「よりよい社会、世界の実現を目指す」などとしているが、経済産業省幹部は「ものづくりでも覇権を握ろうとしているのではないか」と警戒する。


http://mainichi.jp/select/news/20150402k0000m020147000c.html?inb=tw

グーグルが東大生を“青田買い”だそうで、たしかに、
東大生の上位成績者はほとんどが外資系金融とか新興のIT企業に取られてますね。
グーグルが力を入れる人工知能ですが、人工知能は様々な分野での応用が期待されていて、
人工知能を使えば、人間は自然言語でコンピュータと対話できることになるため、
ある意味ですべての分野に導入することができるわけです。
要は、ここさえ抑えておけば、あらゆる産業を牛耳れるってわけです。
うまくいけば、年俸2000万円ぐらいで東大生なんかの優秀な学生を世界中でたくさん釣ってもオツリがくるw
こういった成長分野でこそ国内企業に頑張ってもらいたいもんですが、
フロントランナーはやはり米国です。
日本はハードウェアの製造や機器の制御など、個別の分野では優秀な技術を持っているけど、
ソフトウェアの開発や各要素技術をオープンな形で統合し、
新しい技術やサービスとして再構築する作業は得意としていないのが最大の弱点ですね。
人工知能のように応用性・拡張性が高い分野だからこそ、業界の垣根を越えた総合推進力が必要ですが、
日本は規制や既得権が邪魔してこれができない。
すでにあるサービスや製品を進化させるのが得意だけども、生むことができない。
日本的といえば日本的ですがねw
日本人の保守的気質もありますが、法律もがんじがらめだから、
サントリーの鳥井さんじゃないけど「やってみなはれ」ができないですね。
米国の法体系が「原則自由、状況に応じて禁止」であるのに対し、
日本の法体系は「原則禁止、状況に応じて解禁」というスタンスであり、
新しい事にチャレンジできないようになっているからです。
そりゃ、高度な知能をもつ野心的学生はみなグーグル行っちゃうだろw
もし、グーグルが革命的人工知能を開発したら、自動車、電機、運送、医療・・・あらゆる業界が金玉握られます。
グーグルに逆らったら、金玉アイアンクローで悶絶憤死w
経済産業省のお役人も危機感持ってるようだけど、ネタ記事はけっこうヤバいニュースですよ。マジで。

img_32015.jpg



人気ブログランキングへ

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |