2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
専業トレーダーの日経225先物&CFD 4/21の結果
2015/04/21(Tue)
専業トレーダーの日経225先物&CFD 4/21の結果


日経225先物 4月21日の結果 +60000円

今月合計  +500000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 4月20日の結果  +160000円

今月合計 +1140000円

6000円近い定価にも関わらず、世界中でベストセラーとなっているトマ・ピケティの『21世紀の資本』。「富めるためには投資せよ」の教えに従えば、日経平均2万円を目前にした今、指をくわえて静観している手はないはずだ。ではいったい、どうすれば富める人になることができるのか?

 世界中に広がる格差の正体を解き明かしたといわれる『21世紀の資本』。第一生命経済研究所の永濱利廣氏は、こう解説する。

「本書の肝は、過去の膨大なデータから、資本主義における「資本収益率(r)>経済成長率(g)」という不等式を検証したこと。端的に言えば、『労働より投資のほうが儲かる』という誰もが薄々感じていたことを、歴史的に立証したのです」

 元手が大きいほど有利なのが資本主義。持てる者はますます富み、持たざる者がコツコツ働いたところでその差は広がっていく一方だ。


http://nikkan-spa.jp/817677

40002-300x265.jpg


40歳までに資産3000万円以上築いた人たちのアンケートによると、じつに大半が株やFXなどの投資で儲けた資産のようですね。
純粋に貯金だけで資産3000万円に達した人はわずか14%ですから、逆に言えば、
投資してない人はまとまった資産形成できないってことです。
ピケティーは膨大なデータを解析して、投資>労働 を証明しましたが、
私の周り見ても、株なり不動産なり何らかの投資なしで資産家になった人なんて一人もいませんから、
これは資本主義の真理だと思います。
今も日銀の量的緩和で良くも悪くも株価がうなぎ上りですが、恩恵を受けるのは投資家だけです。
庶民は蚊帳の外。
今後の日本では、投資してる人とそうでない人はますます差がつく。
私が何年も前からブログで書いてるように、格差社会でなくて、階級社会に移行しつつある。

アベ政権になってからの異常な株価上昇ですが、
2%のインフレ目標達成が日銀や政府の悲願で、
量的緩和政策は、この目標が達成されるまでは、「オープンエンド」と言われていて、
始まったら達成されるまで終わらないとはっきり明言されています。
現時点では、2%の物価上昇が起きていないわけで、日本ではまだ相当な期間、この量的緩和政策は続けられるのです。
何が何でも2%のインフレにしたい日銀ですから、
ひょっとすると今月末にも追加緩和があるかもしれないです。
ですからアベ政権がつづくかぎり、企業業績に如何に関係なく際限なく上昇する可能性があります。
なんせ中央銀行が輪転機フル回転させて紙幣刷りまくって、国債だけでなく株や不動産投信買いまくってる。
「株価を上げる&インフレにする」を直接的なターゲットにしてるから、バブル時代以上にバブルですw
ただ怖いのは、制御できないほどのハイパーインフレです。
日本では長くデフレがつづいたんで、いったん箍が外れたら怒涛のインフレになる可能性が高いです。
インフレはお金の価値が下がることだから、貯蓄資産だけの人は年々厳しくなりますよ。
国の膨大な借金返すにはハイパーインフレか戦争の2択ですが、
ここ数年の政策や国内外の動きを見てると、半分ヤケクソで両面展開してきそうですね。
すごい時代を生きてるという自覚が必要です。



人気ブログランキングへ

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |