2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
日経225先物 5月8,11日の結果 -440000円
2015/05/11(Mon)
日経225先物 5月8,11日の結果 -160000円

今月合計  -440000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 5月7、8日の結果  +90000円

今月合計 +780000円


東芝は8日、今月前半に予定していた2015年3月期の決算発表を6月以降に延期すると発表した。4月に公表したインフラ工事をめぐる不適切な会計処理の疑いなどを、利害関係のない外部の専門家で構成する第三者委員会で調査するため。大企業が決算発表を大幅に延期するのは異例だ。
 東芝は4月3日に社外専門家2人を含む6人から成る特別調査委員会を設置して調査を進めていたが、不透明な会計処理事項が新たに判明。株主や取引先の信頼を回復するため、第三者委による抜本的な調査と原因究明が必要と判断した。委員には法律・会計分野の有識者を充てる予定。
 これまでの調査では、14年3月期以前の決算修正が必要になる可能性が生じており、15年3月期の連結業績予想も8日に撤回した。従来予想は半導体事業の好調などで営業利益が3300億円と過去最高を更新する見通しだった。期末配当は支払い手続きが間に合わないため無配とする。 


時事通信 2015/5/8 18:00

シャープが99%以上もの減資で資本金1億円の”中小企業”なると話題ですが、東芝もなんかきな臭いですね。
東芝ほどの大企業が決算を延期とは、何か悪いことを隠すための時間稼ぎの可能性が高いです。
まず、いいことであるはずないですw
バブル崩壊以後から粛々と行ってた不正経理の"トバシ”がいよいよバレそうなのかもしれません。
ソニーやパナソニックにしろ、消えた三洋電機にしたって、
日本の家電業界全体が曲がり角に来てるのは間違いないです。
家電業界は戦後からの右肩上がりの国内人口増を追い風に、
大量生産による販売価格の安さを追求したビジネスモデルで成長しましたが、
グローバルな競争で価格競争が限界に達しており、
少子高齢化で国内市場はこれからも縮小の一途なんで、日本で経営する事は難しくなっていると思います。
ハード面では、スマホに象徴されるような画期的技術革新が家電そのものを不要にしたのも大きな要因です。
これ見たら一目瞭然ですねw↓
3b85a4e3.jpg

こんな状態で今までのような総花経営で生き残る事はさらに難しく、
グローバル化が進んだ日本企業にとっては今や本社を日本に置くメリットも少なく、
グローバルに勝負できる部門だけ切り離して、将来的に本社も日本から海外に移転すると思います。
すでに8万人もリストラしたソニーなんかは、完全に負のスパイラルに入っていて、
中長期的には100%消滅するように思います。いや、もっと早い段階で部門別に売却して解散する事も有りそうです。
パナソニックやシャープもソニーと同じ運命で、事業単位で売却が進み、
数年内には企業本体そのものが無くなるでしょう。
「あんな大企業がつぶれるはずがない」とかの思い込みは危険で、
昨日の勝者が明日には敗者になる・・・優勝劣敗がいとも簡単に入れ替わるのが今の時代です。
最後にちょっとシャープの話をさせてもらうと、
私個人的には、あの携帯端末の先駆けとなったザウルス (Zaurus)は惜しかったなあ。
当初は電子手帳の発展型としてパソコン等との連携性は低かったのですが、
後にこの連携性を強化し、一時期の日本製PDAを代表する地位を築きました。
今のスマホの原点ですよ。当時のシャープはまさに「目の付けどころがシャープ」だった。
当時の経営陣にモバイル通信の時代を見越す先見の明があったなら、
携帯端末開発にもっと経営資源を集中させて、今頃は和製Appleになれたかもしれない。
てか、今の若い人はザウルスなんて知らないよねww
zaurus12015.jpg





人気ブログランキングへ

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |