2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
日経225先物 6月19日の結果 -140000円
2015/06/21(Sun)
日経225先物 6月19日の結果 -140000円

今月合計  +540000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 6月18日の結果  +150000円

今月合計 +1530000円


厚生労働省が18日発表した4月の毎月勤労統計調査(確報、従業員5人以上)によると、
現金給与総額から物価上昇分を除いた実質賃金は前年同月比0.1%減と24カ月連続で減少した。

速報段階では0.1%増と、2013年4月以来2年ぶりにプラスに転じたが、確報値では正社員に比べ
収入が少ないパート労働者の比率が高まる傾向にあり、速報値から下方修正した。
ただ、減少率は3月(2.7%減)から大きく縮小した。

現金給与総額は前年同月比0.7%増の27万3873円だった。プラスは2カ月ぶり。
基本給や家族手当などの所定内給与は0.4%増の24万2844円、ボーナスにあたる特別給与は
10.9%増の1万808円、残業代などの所定外給与は1.7%減の2万221円だった。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL18HDU_Y5A610C1000000/?n_cid=TPRN0003

アベシンゾーがまたしても大嘘ついてたみたいですw
速報値で大々的に「実質賃金が上がった」と大本営宣伝しておいて、
パートや派遣などの非正規を含めた確定値はこっそり報道してる姑息さこそアベ政権の真骨頂です。
これで24ヶ月連続で実質賃金下落です。
政府広報紙の大新聞の報道は中国や北朝鮮並みの信用度です。
株価も何もかもインチキですw
アベノミクスの円安で物価が上がるけれど、公務員と一部大企業社員だけが賃金上がってるだけで、
大多数の国民の賃金はそのままですから、実質賃金なんてこれからもずっと上がるはずない。
増税もこれからどんどん効いてくる。消費税10%なんかなったらオシマイです。
先日、派遣法が改悪されましたが、おそらく今後は金銭補償による正社員解雇もできるようになります。
世界でもぶっちぎりの“派遣大国”である日本の派遣会社食わすなら、
国民全員非正規化しかないです。
口入屋栄えて国滅ぶw
私は何年も前からブログで日本が身分制の階級社会に戻ると言ってますが、
間違いなくそうなりますよ。
ボサっと生きていたら、国と時代に搾るだけ搾られて雑巾にされるだけ。
労働によってのみお金(人的資本)が得ることのできない普通の人ほどオカネの仕組みや社会のシステムを勉強しないといけない。
人間は誰でも幸せになる資格・権利があるけど、何も学ばない、何も行動しない、
では一昔前まで当たり前であった中庸な幸せすらおぼつかない。
今はそんな時代です。


B8oIY9HCUAAE8iV2015.jpg



人気ブログランキングへ

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |