2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
日経225先物 8月18日の結果 +80000円
2015/08/18(Tue)
日経225先物 8月18日の結果 +80000円

今月合計  +380000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 8月17日の結果  -150000円

今月合計 +340000円

 天津市浜海新区で起きた一連の爆発事故で、地元当局は16日、死者数112人、行方不明者は95人に上ったと発表した。事故原因は不明のままで様々な推測が広がるなか、大紀元中国語版は15日、北京指導部に近い情報筋の話として、天津の爆発が原因で、習近平・国家主席は早手回しに江沢民・元国家主席及び息子の江綿恒氏を軟禁したと報じた。

 報道によると、今回の爆発は、江沢民派が習政権との権力闘争の敗北に追われて仕出かした致命的な猛攻撃だったという。爆発の報告を受けた習主席は、二日連続で徹夜して対抗措置を講じた。その結果、一時的に江沢民と息子の身柄を押さえ、同時に、江沢民グループの中心人物、曾慶紅・元国家副主席を自宅に軟禁した。

 習主席はもともと、今年後半に経済と株式市場の問題を先に解決し、「最後のトラ」である江沢民に対して「徐々に攻めていく手法」を踏襲して措置を遅らせるつもりだった。しかし、習主席は爆発事故を機に、やむを得ず最後の切り札を出したという。

 習近平政権は発足以来、経済運営において、天津市を2015年自由貿易試験区の設立や京津冀(北京・天津・河北省)一体化プロジェクトという2大国家戦略の都市に昇格させ、経済成長に大きな期待を寄せている。今回の爆発事故による詳しい被害状況は明らかにされていないが、中国経済への深刻な影響も懸念されている。


http://www.epochtimes.jp/2015/08/24376.html

習近平と江沢民の二大陣営が激闘する中国ですが、
今回の爆発は単なる事故ではなくて、追い詰められた江沢民派の陰謀説が濃厚です。
まあ、中国の国家サイクルを考えれば、そろそろ内乱になって国家崩壊してもおかしくない時期でして、
それまではドタバタと金網デスマッチが繰り広げられるでしょう。
中国5000年の歴史といいますが、一貫した国家運営が行われていたわけでなくて、
広大すぎる国土でいろんな民族が私欲むき出し、入り乱れての“国盗りゲーム”こそが中国の本当の歴史です。
新王朝成立 → 功臣の粛清 → 対外侵略戦争 → 漢字の一斉改変と改竄歴史書の作成 → 閨閥、宦官、官僚など皇帝側近の跳梁 → 秘密結社の乱立と農民反乱の全国化 → 地方軍閥の中央侵入 →新王朝成立
基本的にこのパターンを数千年間繰り返して今に至っています。
現在はどの段階かといえば、邪教と呼ばれる地下宗教が活発化して、
毎日規模の大小は様々ですが、全国各地で暴動も起きているので、
「秘密結社の乱立と農民反乱の全国化」の段階です。もうリーチですw
ネットを監視して反乱分子を摘発してますが、
格差拡大で地方都市中心に不平不満はいずれ限界点に達します。
今は、官製株高などでパっと見の経済が潤っているので、都市部は押さえ込めてますが、
株価暴落に端を発して大混乱になるかもしれません。
2013年中国株式市場主要株価指数上海総合の底入れを予測した著名なテクニカルアナリストのトム・デマーク氏は、
今後3週間に上海総合指数がさらに14%下落し、3200ポイント台に下がるだろうと予測してますが、
今回の“爆破事件”が想定外に飛び火展開して、もっと下がるかもしれませんね。
上海総合指数のチャート見てると、チカラ技で無理やりに止まってるのがよくわかります。
だからこそ箍が外れたらハンパない下落になる。
何度かブログで書いてますが、様々な条件が重なる9月あたりに「ドカーン」が来るかもしれません。
証券マンに煽られて高値つかみの現物株持ってる人は防空頭巾をお忘れなく。
私は本日も日経のOP「PUT」を買い仕込んでおりますw
外れて当たり前の宝くじ感覚ですので、読者様がマネするなら自己責任ですよ(^^;)

中国の真の姿を知るならこれがおすすめ↓
41gWfP0QRPL__SX337_BO1,204,203,200_2015




人気ブログランキングへ


日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |