2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
日経225先物 10月2日の結果 +200000円
2015/10/02(Fri)
日経225先物 10月2日の結果 +200000円

今月合計  +60000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 10月1日の結果  +70000円

今月合計 +70000円

子育てをしたり、親の面倒を看たり……とミドルエイジの男性は自分のことに限らず様々な事柄に対処していかなければなりません。
そんな中で気になってくるのが、やはり“お金”の問題ではないでしょうか。

ここ10年くらいの傾向としては「徐々に世帯年収は下がっていっている」と言えます。厚生労働省のデータによれば、
2004年の世帯年収の平均が580万円程度だったのに比べて、2013年の世帯年収の平均は530万円程度になっています。

これは、「生活が苦しいか、ゆとりがあるか」をアンケートでとったものです。

2004年の段階では、「大変苦しい」と「やや苦しい」をあわせた数は、全体の56%でした。しかし、2014年になると、この比率はさらに増えて、
62%を超えるようになります。特に、児童がいる世帯では「苦しい」と答えた世帯が多く、67%以上にのぼります。


つまり、総じて世帯年収が下がり、生活が苦しいと感じている家庭が徐々に増えているというのが現実のようです。


http://nikkancareism.jp/archives/67187

これ実際には、年金や健康保険などの社会保障費や税金も上がってるので、
実質的な可処分所得はもっと下がってますね。
雇用の非正規化がどんどん進んでいて賃金も昔みたいに右肩上がりではないので、
少子高齢化による社会保障費や税の負担増はダイレクトに響きます。
労働による人的資本のみに依存するほとんどの人の所得はこれからも下がり続けます。
共働きにしたって、今の若い人だと夫婦ともに非正規とか珍しくないので、
2人合わせて正社員1人分の所得とかで、とても余裕のある生活とは言い難いです。
私は大学時代に「いずれ専業主婦は上流階級だけの“身分”になる」と予測して、
周囲を唖然とさせたことがありますが、20年以上を経て着実にそうなってます。
へたな経済アナリストよりも私のほうが先見力があるw
当時はまだまだ日本社会に余裕があって、女性の社会進出がもてはやされていた時代で、
むしろ「専業主婦なんか・・・」とバカにされていたけど、
今じゃ米国や日本のエリート学生の間でも専業主婦回帰願望が年々強くなっています。
そりゃそうだろ。
外に出て、お金のためにずーっと働くって大変ですよ。
仕事で精神的にも肉体的にも疲れ果ててささくれだった先輩を見て、若い女性たちもようやく気づいたんだろ。
専業主婦させてもらってる女性はダンナに感謝しないといけない。
せめて晩酌ぐらいは発泡酒でなくて、まともなビール飲ませてやれよw
私の周り見ても、一切のパート勤務なしの完全な専業主婦してるのは、
ダンナの職業が開業医か会社オーナーとかがほとんどです。
もう一度言います。
専業主婦は「職業」ではなくて「身分」なのです。
何度もブログで書いてますが、有史以来経験したことのない人口減少時代になって、
明治時代からずっと続いた怒涛の人口増消費増所得増資産増によってのみ可能だった今までの当たり前(じつは奇跡だっと後年すべての日本人が痛感する)がすべてそうでなくなってるだけ。

chart2015.jpg

☆☆☆お知らせ☆☆☆

順張りトレードの最高峰「SBTB」、自分で高勝率のトレードチャンスが作れる「PMST」
を過去に「FXセミナー」受講された方だけに提供いたします。
基本的に毎月プラス収支が至上課題の専業トレーダー向けものなので、
利益の積み上がるスピードがまったく違います。

告知は10月5日(月)12:00



人気ブログランキングへ



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |