2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物 10月15日の結果 +200000円
2015/10/15(Thu)
日経225先物 10月15日の結果 +200000円

今月合計  -40000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 10月14日の結果  +40000円

今月合計   +610000円

三井不動産などが販売した横浜市内の大型マンションで、
建設時に必要な地盤調査の一部をせずに別のデータを転用するなどして基礎工事を行った可能性があることが14日、
分かった。
マンションが傾く事態となっており、
国土交通省は販売元の三井不動産レジデンシャルと施工主の三井住友建設に原因究明を指示した。
建築基準法違反の疑いがあるとみて、横浜市とともに調査を始める。

 国交省によると、問題のマンションは平成18年に販売を開始した横浜市都筑区内の4棟で最高12階建て。
大型商業施設に隣接し、計700戸以上を擁する。
4棟のうちの1棟が傾いていることに気づいた住民側の指摘を受け、
三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が調査を開始した。
約50本のくいのうち計8本のくいが強固な地盤まで届いていないことなどが判明した。
建物の傾きとの関連性を調べている。


201547988899.jpg


http://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140006-n1.html


三井不動産グループの販売したマンションが「ピサの斜塔」だそうで、
ワイドショーでは大騒ぎですね。
私も見ましたが、目視でもわかる明らかな傾きでしたね。
人間の感覚は鋭敏で、居住空間のわずかな傾斜でも健康被害が出てきます。
牽引感、ふらふら感、浮動感などがそれで、
傾斜角度がさらに大きくなるとめまい、吐き気、頭痛、疲労感が強くなり、人によっては睡眠障害も出てきます。
今回のケースだと瑕疵担保責任があるので、全面立替までいかなくても、
補強.・改修工事ぐらいの対応は確実でしょうね。
まあ、財閥系大手なので逃げられる心配もないw
これが中小ディベロッパーだと資金面で体力がないので、破産されるとややこしいことになります。
一戸建てならともかく、集合住宅は方向性がなかなかスムーズにまとまらないからグダグダと長期化してしまう。
これはマンションの欠点ですね。
今回は、明らかな傾きが目視できたから発覚しましたが、
類似のケースは日本全国にたくさんありますよ。知らぬが仏ですww
そういえば10年ほど前に耐震構造偽造問題で、
ディベロッパーのヒューザーと耐震構造書を偽造した姉歯建築士が槍玉に上がってましたが、
あれだけ騒がれて「震度5で倒壊する」「殺人マンション」とか言われてた姉歯物件すべてが東日本大震災でも倒壊どころか、
ひびひとつ入ってないことにはマスコミはダンマリです。あれだけ叩いておいて、ちょっとあんまりですね。
てか、日本の建築基準って厳しすぎなんですよね。
今回の横浜のマンションだって、案外と頑丈だったりしてw
中国なんか、下請け業者が1段降りるごとに鉄筋が抜かれてコンクリートは薄くなるw
末端作業員にいたっては基礎工事の概念そのものがないので、大きな地震が都市部を襲ったら、
高層マンションがドタバタと逝って巨大なドミノ倒しが起きますよ。



人気ブログランキングへ



日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |