2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物 12月17日の結果 -140000円
2015/12/17(Thu)
日経225先物 12月17日の結果 -140000円

今月合計  +920000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 12月16日の結果  +0円

今月合計   +980000円

「10人に1人が糖尿病になる時代」と言われて久しい。生活習慣病の一つとして網膜症や腎症などの合併症を併発することはよく知られるが、「糖尿病には“下肢切断”のリスクがある」と警鐘を鳴らすのは「足の診療所」の桑原靖医師だ。

糖尿病「糖尿病の合併症の中で、足についてのリスクは世間であまり知られていません。視力の低下と腎機能障害は有名なんですが、足の神経障害はほとんど知られていないです。神経障害になると、画びょうを踏んでも痛みを感じない足になります。たこができても痛くないし、靴に石ころが入っても痛くないし、とにかくリスクが大きいんです」

「冬場には、足先の血管が収縮し、指先に血流が行き渡らなくなり冷えを感じる人の中では“重症な動脈硬化”のケースがあります。アメリカでは、足を切断する人の6割は糖尿病という統計があって、事故が原因で切断となるよりもずっと多い。糖尿病で感覚がなくなると、自然とキツめの靴を買ってしまい靴擦れを起こしてしまう。ちょっとした傷が足にできても気づかないし、細菌の感染への抵抗力が弱くなってしまう。このふたつが重なって足が腐ってしまい、そのまま切断する糖尿病の方がとても多いです。

 今は正確に統計をとっている状況ですが、日本で足を切断する人は年間2万足と言われていて、下肢切断後の患者のおよそ7割は5年以内に亡くなっている。これは、肺がんの死亡率に匹敵します。そして世界では、糖尿病が原因で20~30秒に1本のペースで足が切断されています。地雷を踏んで足をなくす人は30分に1本で、糖尿病で足をなくすほうがはるかに社会的問題だと言われています」


http://nikkan-spa.jp/966633

糖尿病で怖いのは合併症ですが、実際に途中失明や透析導入の原因の ナンバーワンが糖尿病なのです。
さらに下肢切断の一番の原因も糖尿病ですから怖すぎですね(; ̄Д ̄)
糖尿病の合併症の多くが血管の病気と絡んでいるため、 糖尿病は実は血管の病気であるとさえいわれます
人体のあらゆる細胞や組織は血液から酸素や栄養を供給されて生きていますから、
血管の障害に関連する糖尿病の合併症は体中どこに発生しても不思議ではないといえます。
私も一番なりたくない病気ワースト3に入りますw
日本の糖尿病の95%は食事や運動不足が原因の2型糖尿病で、肥満だと糖尿病のリスクがぐんと高まります。
デブはマクドナルドやラーメンなんか論外ですw
朝は朝で、マックのモーニングで高カロリーバーガーと砂糖の塊であるコーラがぶ飲みして、
昼は昼で、ラーメン二郎でにんにくマシマシチョモランマなんか注文してつゆも完食してたら、
高血糖で血管がカチコチになって棺まで一直線ですw
私はマクドもラーメンも清涼飲料水もほとんど口にしません。
昔、とある有名ラーメン店に入ろうとしたら、デブがカウンターを占拠していて、
無心にラーメン貪り食ってる光景見て「ここは自分がくるとこじゃない」と思って、引き返したことがあるw
賢明なるブログ読者様におかれては、しつこいようですが緑茶習慣をおすすめします。
私はこんな濃い目の緑茶を毎日南部鉄器で淹れて飲んでいます。
DSC_02282015.jpg

抗酸化効果であらゆる万病を退ける効果があります。もちろん糖尿病予防効果もあります。
毎日緑茶をたくさん飲んでる人はボケないし、年取ってもピンピンしています。
これは、実際にそんな老人を何人も見てるから間違いない。
私の場合、夏場に汗をかいてもまったく臭わなくなりました。
とにかくいいことづくめなので、皆さんもお試しください(^^)
オカネという資産は、ゼロから始めてコツコツ運用で増やすもの。
健康という資産は皆に等しく与えられて、日頃の心がけと習慣で維持するものです。

粉末タイプは手ごろですが、酸化しやすいので、多少割高でもスティックタイプがおすすめです。



人気ブログランキングへ


 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |