CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 1月8日の結果  +260000円

  • 2016/01/11(月) 14:29:22

日経225先物 1月8日の結果 -140000円

今月合計  -360000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 1月8日の結果  +260000円

今月合計   +1000000円

【ロンドン共同】世界最大の石油会社であるサウジアラビアの国営サウジアラムコは8日、声明を発表し、株式上場を検討していることを明らかにした。全株を上場した場合の時価総額は1兆ドル(約118兆円)超との見方があり、世界首位の米アップルの2倍程度となる。原油安の長期化で落ち込んでいる歳入を補うのが狙いとみられる。

 サウジのムハンマド副皇太子は8日までの英誌エコノミストのインタビューで、上場検討に言及していた。

 エコノミストなどによると、アラムコの原油などの埋蔵量は約2610億バレルで、石油メジャーの米エクソンモービルの10倍を超えるという。


http://this.kiji.is/58181044387250179

ついにサウジが国営企業を施設ごと売るってことですが、
石油しか売り物がない国がインフラごと売るってことは財政的に相当に追い詰められてるようです。
米国の石油輸出解禁の影響も大きいですね。
米国では採掘技術の発達により、「シェールオイル」と呼ばれる原油の産出量が急増していいて、
米エネルギー情報局によると、米国の2014年の産出量は日量約1397万バレルで、世界1位の産油国です。
これまで米国は有事に備えて自国の石油は温存してましたが、ここにきて輸出解禁とはアラブ産油国には大打撃ですね。
将来的には核融合炉が実用化されて、水だけで莫大なエネルギーが産める可能性も大きいので、
これから石油のバーゲンセールが始ります。
アラブの王族もこれまでのようにフェラーリなどの超高級車をバカスカ買えなくなりますw
歴史的なエネルギー革命が迫ってる。
世界最大の産油国であり軍事大国でもある米国が石油輸出解禁にゴーサインを出すって事はそうゆうことです。
「石油はもうイラネ」ってこと。
実験段階では、核融合炉の実用化の目処が立ったんだと思いますよ。
大変なのはアラブ諸国です。
今までは砂漠に穴掘るだけで石油(お金)が湧いてきましたが、ボーナスステージもせいぜい今世紀半ばでオワリです。
イラクやサウジなど中東がきな臭いのも結局は、石油の将来価値激減を見越しての利権争いですから、
中東ではいずれ大きな戦争が起きると思います。
核融合炉は「水」を原料にして小さな太陽を作ることですが、日本でもけっこう研究が進んでいます。
1リットルの海水から2500リットル分の石油と同じエネルギーを取り出すことができて、
水は無尽蔵にあるし、なんといっても原発と違ってクリーンですから、まさに夢の技術です。
日本にはこういった分野で世界の先頭を走ってもらいたいですね。
アラブ人には恨まれるけどww

o06720446124910292232016.jpg



人気ブログランキングへ


 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.