CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 3月18日の結果 +110000円

日経225先物 3月18日の結果 +200000円

今月合計 +120000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 3月18日の結果 +110000円

今月合計   +800000円

京都人。およそ1億2700万人の日本人の中でも、彼らが最も「ウラとオモテ」を使い分けるのに長けた人々であることは、間違いない。

京都の街が、たまに訪れるだけの観光客にはなかなか味わい尽くすことができないように、かの地に住む人々もまた、「よそ者」に気を許そうとはしないし、めったなことでは本音など表に出さない。それらしき言葉が出てきたとしても、十中八九は「いけず」である。

そんな心性を、当の京都人が「告発」した新書が異例のロングセラーとなっている。京都市にある国際日本文化研究センター副所長・井上章一氏が、昨年9月に著した『京都ぎらい』(朝日新書)だ。

井上氏のもとには、京都人からの反響が続々届いている。

「この本を出した後、洛中の人たちにこう言われました。『あなたの書いたことは事実だが、それが何か問題なのか』『いろいろ言いたいことはあるかもしれんけど、やっぱり嵯峨は京都やないでしょ』と。きっと、怒っているんでしょうね」

『京都ぎらい』は、京都のみならず全国で話題となり、2月には今年度の「新書大賞」にも輝いた。

京都市西部の嵯峨で育った井上氏は、長じるにつれて、ある違和感を抱くようになったという。それは京都市中心部——すなわち「洛中」の人々が、同じ京都市民であるにもかかわらず、どうも嵯峨のような「洛外」の人々を見下しているらしい、ということである。

学生時代、研究のため洛中のある名家を訪ねた際の体験を、井上氏はこう記している。氏が、その家の当主(故人)と話していたときのことだ。

〈「君、どこの子や」たずねられた私は、こう答えている。「嵯峨からきました。釈迦堂と二尊院の、ちょうどあいだあたりです」この応答に、杉本氏(注・当主)はなつかしいと言う。嵯峨のどこが、どう思い出深いのか。杉本氏は、こう私につげた。「昔、あのあたりにいるお百姓さんが、うちへよう肥をくみにきてくれたんや」(中略)そこに揶揄的なふくみのあることは、いやおうなく聞きとれた〉


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48198

2016549.jpg


先祖何代にも渡って京都に住んでる方からしてみれば、日本の首都は京都だといまだに思っています。
京都人同士でも洛中か洛外かで差別していて、
一部の気難しい京都人に選民思想があるのは確かですね。
京都人が東京に行くのは“東下り”で、よそ者が京都に来るのは“上洛”と言ってますw
他府県出身者から見れば、時に他排他的ともとれる京都人の態度には歴史的背景があります。
京都の歴史は、戦乱の歴史そのもので、
室町時代の応仁の乱、幕末の蛤御門の変など、
戦のたびに京都はよそ者に破壊されてきたわけです。
だから“自分の身は自分で守る”という思いが強くなって、その結果の排他性ともいえます。
あと、天皇を長く守ってきた町なので、国体を脅かす危険分子を元から断つという意味で、
得体の知れないよそ者を徹底して排除してきた歴史があります。
よそ者は、洛中には住ませないとかですね。
これがいまだに残る「洛中」「洛外」の差別の源です。
さらに、京都には昔から「白足袋族」という言葉があって、
僧侶や茶人、学者、西陣の織物の老舗(しにせ)など、
政治的な権力者ではないけれど隠然たる影響力を持った裏の権力者たちのことをいいますが、
白足袋族の一部には、町の情報収集のために秘密結社的な活動をしていた人もいたといいます。
こうしたネットワークが、1000年どころか2000年以上もつづいてるわけで、
一部の京都人が持つ選民思想や地域差別は、もはやDNAレベルだとも言えますね。
ちなみに、京都の白足袋族の権限は絶大で、市長も知事も逆らえません。
何代とつづく一部の坊主なんかカネもうなるほど持っていて、
尺度によっては東京や大阪の金持ちの比ではないです。表に出ないだけ。
証券会社が全国のエース級営業マンを京都支店に配すには理由があるのです。
私が知ってる某大手ホテルの社長すら「(白足袋のドンにしたら)私らは家来みたいなもんです」って本音でポロっと言ってたから、やっぱそうなんだろw



人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴21年の個人投資家です。

Author:相場歴21年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ