2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物 6月1日の結果 -160000円
2016/06/01(Wed)
日経225先物 6月1日の結果 -160000円

今月合計 -160000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 5月31日の結果 +0円

今月合計   +660000円

首都圏のアパートの空室率が悪化している。不動産調査会社のタス(東京・中央)が31日発表した統計によると、3月の神奈川県の空室率は35.54%と2004年に調査を始めて以来、初めて35%台に上昇した。東京23区や千葉県でも空室率の適正水準とされる30%を3~4ポイントほど上回っている。相続税対策でアパートの建設が急増したものの、入居者の確保が追いついていない。

 アパートは木造や軽量鉄骨で造られた賃…


http://www.nikkei.com/article/DGKKZO03048370R30C16A5TI5000/

ここ数年でマンションやアパートの空室率が急上昇してるわけですが、
この調子だとあと数年ほどで空室率は50%超えそうですね。
親の代から受け継いだ無借金物件ならまだしも、銀行に借金してアパートやマンション経営してる人は破産するでしょう。
しつこく何度もブログで書いてますが、
これからの50年で北海道、東北、北陸、山陰、四国、九州、中国地方すべての人口に相当する人が消えてなくなるのに、
新規の賃貸経営なんて自殺行為ですよ。
東京ですら、今の時点でも空室だらけです。
私も若いころは不動産経営を考えた時期がありましたが、
人口推計や空室率、ディベロッパーの後先考えない大量供給体質を知ってから、将来的に相当にヤバいと悟ってやめました。
どこで調べたのか私の携帯に不動産屋からしつこい勧誘がありますが、営業電話はすべて着拒否ですw
225やFXのほうが数百倍投資効率がいいですよ。バカらしい。
最近、アホみたいに賃貸アパートなんかが増えてるのは、サブリースという詐欺に近いシステムのせいなんですが、
案の定、当初約束されていた家賃保証が減額されたりして破綻する大家が激増してます。
このシステムですが、サブリース会社が物件を一括で借り上げ、
入居者が決まってなく空室でも一定のリース料を大家や支払って、
リスクはサブリース会社が負担する、という図式になっています。
一見うまい話に見えますが、海千山千の不動産屋がそんな親切なわけないですw
サブリースの多くは「アパート建築」+「サブリース契約」という場合がほとんどで、
「アパート建築」の建設費に空室リスクの費用が上乗せされている。
で、サブリース会社はまず建設の部分でほとんどの利益を出します。
ここで業者的にはイグジットですw
あとは、大家がどうなってもいいw
肝心の家賃保証だって最初だけ。
2年ごとの改定とかでどんどん減額されて、しまいには銀行返済分より下回ります。
たいがいの大家がそこでギブアップして、膨大な借金と空室だらけの物件だけが残る。
NHKのクローズアップ現代でわかりやすい動画見つけました。
マンションやアパート経営考えてる方は見たほうがいいです。
てか、今から新規で大家業なんて間違いなく人生詰みますよ。



人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |