日経225先物 7月1日の結果 -160000円

  • 2016/07/02(土) 11:28:27

日経225先物 7月1日の結果 -160000円

今月合計 -160000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 6月30日の結果 +0円

今月合計   +640000円

 地域の子どもに無料か安価で食事を提供する「子ども食堂」や同様の取り組みをする場所が、5月末時点で少なくとも全国に319カ所あることが朝日新聞社の調査でわかった。子どもの貧困への関心が高まり、今年に入って開設が急増。6月以降の開設も相次いでおり、今後さらに増える見通しだ。

 全国の子ども食堂を把握する組織はなく、各地の子ども食堂のネットワークや子どもの居場所づくりに取り組む団体などの情報をもとに、朝日新聞が1カ所ずつ聞き取った。困窮家庭の学習支援の場や、夜を独りで過ごすことが多い子どもの居場所などで、食事を共にする活動も数に含めた。

 調査の結果、都道府県別で最も多かったのは東京で50。滋賀29、神奈川、京都、大阪が22、沖縄17と続いた。全ての都道府県に最低でも1カ所はあった。


朝日新聞デジタル 7月1日(金)21時50分配信

2016545458598.jpg


経済的な理由から、家で満足な食事を取れない子供に暖かい食事を提供するのが「こども食堂」なんですが、
これが急速に増えてるようです。
食材は寄付、調理は地域のボランティアが手掛けることが多く、無料または数百円で食事を提供してる。
まあ、いつから日本はこんなに貧乏になったんでしょうかね?
先進国の中では突出して相対的な貧困状態にある子どもが多い日本ですが、
シングルマザーなど大人が一人の世帯では、
相対的貧困率が50%にとっくに超えてるようで、こりゃ、尋常じゃないですよ。
子供に満足な食事をさせられない家庭が続出してるから、「こども食堂」急増なんですね。
子供のいる世帯にかぎらず、日本人全体が年々貧しくなってますが、
人口がピークアウトして“下りのエスカレーター”に乗ってる状態なので、
労働対価としての給与所得しかないほとんどの人はこれからも貧しくなっていきます。
経済のグローバル化で貧しかった途上国との競争にもさらされるので、余計です。
かつて英国のチャーチルは「成長はすべての矛盾を覆い隠す」と言いましたが、
これは資本主義社会の真理を突いた名言だと思います。
今後、これまで当たり前だったことのほとんどが、
人口増エンジンによる経済成長が生んだ奇跡だったと多くの人が気づくでしょう。
今は「始まりの始まり」にすぎません・・・・。


☆☆☆お知らせ☆☆☆

「FXセミナー」「日経225先物セミナー」のご新規様受付は7/4(月)告知です。
今年はFXがとくに絶好調で、最高益更新しそうです。
こんな時代だからこそ、「お金」に使われるのではなく、「お金」に働いてもらいましょう。
PC一台あれば、世界中で24時間365日好きなとき、あなたがボケるか死ぬまで稼げます(笑)




人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.