2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
日経225先物 9月5日の結果  -160000円
2016/09/06(Tue)
日経225先物 9月5日の結果  -160000円

今月合計 -220000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 9月2日の結果 +0円

今月合計   +0円

安倍政権の大失政で、GPIFは直近1年で11兆円損失

植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

世界最大の年金運用資金。それが、GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人である。

 2015年6月末は残高が141兆1,209億円だった。これが、本年6月末には129兆7,012億円になった。1年間で11兆4,197億円減少した。8.1%の減少である。

 国民の老後の生活を支える年金資金。それが、1年間で11兆円も減ったのだ。笑って済ませられる問題でない。

 その理由は単純明快だ。安倍政権は年金運用改革の看板を掲げて、2014年10月末に年金資金運用の基本を大転換した。これまでは、年金資金は国民の大切な老後資金だから、できるだけ安全に運用することを基本に置いてきた。安全に運用するとは、リスクの大きい資産にはあまり資金を投入しないということだ。
 金融の世界でリスクの大きい資産とは、株と外貨資産だ。だから、株と外貨資産への資金配分を抑制していた。

 ところが、2014年10月31日に、安倍政権は年金資金運用の基本を大転換した。株と外貨資産への資金配分比率を一気に引き上げたのだ。ところが、金融市場の潮流は2015年6月を境に大転換した。それまでの円安=株高の基本構図が円高=株安の基本構図に転換した。ドルが上がるときには外貨資産を多く持てば大きな利益を得られる。株が上がるときには株式を多く持てば大きな利益を得られる。しかし、逆にドルが下がるときにドル資産を大量に保有していれば大きな損失が生まれ、株が下がるときに株式を大量に保有していれば大きな損失が生まれる。当たり前のことだ。


http://www.data-max.co.jp/280905_uk1/
20165165.jpg

アベシンゾーの株博打で1年で11兆円もスッたようで、まあ、わかっていたことですが、
年金はきれいさっぱりと溶けてなくなるでしょう。
なまじっか図体だけがでかいGPIFだけに売りたくても売れない。
撤退しようとすれば爆下げで自爆ですからね。
自作自演で株価上げた罪は重いよ。
直近だって17000円台回復だって騒いでますが、外人は8月に大幅に売り越していて誰も買ってない。
日銀がせっせとETFとか買ってるだけw
外人はこれから猛烈に日本の景気が悪くなるとわかってるし、何よりも不健全な官製相場に警戒感を露にしてる。
暴落は近いような気がします。
そもそも上場企業の最高益更新たって、人件費を削って無理やり利益生み出してるだけなんですが、
購買力奪われた国民は消費できなくなって内需は年々弱ってる。
人件費削減もこれ以上できないので、無理やり好業績演出してきた内需企業にいたっては、
これから一斉に下りのエスカレーターに乗るでしょう。
最近では、配偶者控除の見直しや介護保険の全世代負担も俎上に上ってるので、
国民の可処分所得が下がるスピードは今後さらに加速しますよ。
つまり、さらにモノやサービスが売れなくなるってこと。
これまでに何度もブログで書いてますが、昨年から今年が日本株の今世紀最後の株高局面です。
記念に証券会社の電光掲示板前で記念撮影していてもいいだろうw
てか、日本衰退の兆しはこんなニュースにも出てますね。
先日、オーストリア航空の「成田―ウィーン」間の直行便廃止のニュースがありましたが、
海外の航空会社はこれから続々と廃止or減便になると思います。
これからの半世紀で5000万人もの人口が減り、歴史的衰退が決定してる国に飛行機飛ばしませんw
経済地盤沈下で先行してた関空なんかとっくに国際線から見切られてますよw
外国はそんな目で見てるってこと、これが日本の現実なんです。
中高年の人は、いまだに強かった“経済大国日本”の時代を忘れられないようですが、
一人当たりGDPで見たら、とっくに中流国に転落してます。
私はよく海外旅行しますが、超一流ホテルやレストランになるほど、日本人を見かけませんw



人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |