2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物 10月3日の結果  -40000円
2016/10/04(Tue)
日経225先物 10月3日の結果  -40000円

今月合計    -40000円


CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 9月30日の結果 +0円

今月合計   +1420000円

MEMORIGIN(メモリジン)は、東洋と西洋が融合する香港に拠点を置き、長年に渡り、エボーシュ(基礎ムーブメント)を生産し、スイス、フランス、ドイツなどのウォッチメーカーへ供給してきた世界でも屈指の規模のムーブメント生産工場を背景に、複雑機構の頂点であるトゥールビヨンのみをリリースするマニュファクチュール・ブランドである。


  彼らの手によって20世紀末に開発されたオリジナリティ溢れるトゥールビヨン・ムーブメントは、そのリーズナブルなプライスと驚きのパフォーマンスで世界中に大きな話題を提供した。


  彼らが登場するまで、トゥールビヨンは一般的な時計愛好家にとって高嶺の花。ひとつの時計の価格が一千万円を超えるのが常識だった。もちろん、それ以前にも比較的リーズナブルな価格を提示するトゥールビヨンは存在したが、それでも200~300万円という価格であり、誰もが気軽に購入できるものではなかった。また、これら“比較的手頃な”トゥールビヨンのほとんどは、時計会社がムーブメント専業メーカーからエボーシュを仕入れ、それをケースに組み込むという手法がとられており、一貫生産による品質管理とは別個の存在だった。


http://www.gressive.jp/adv/130705-memorigin/01.html

20166548.jpg

ここの時計ブランドは最近知ったんですが、トゥールビヨン搭載でアンダー50万円とはすごいですね。
「パーペチュアルカレンダー」「ミニッツリピーター」と並び三大複雑機構と呼ばれるトゥールビヨンですが、
トゥールビヨンの時計自体製造できるのは、
今でもごくわずかな職人のみとされており莫大な時間がかかる上、
緻密で繊細な作業を要求されるために非常にコストがかかります。
ブランドにもよりますが基本1000万円以上は当たり前の世界で、古来、時計好きな欧米貴族がメイン顧客でした。
もうね、単なる時計ではなくて、美術工芸品、宝飾品です。
それが50万円以下でも買えるのは奇跡的ですよ。
以前にブログでも取り上げたタグホイヤーの新作がトゥールビヨン搭載で170万円ほどで、
今年のバーゼルワールドで大きな話題をさらいましたが、
「メモリジン」はアジアの新参者とはいえ、もっと注目されてもいいと思います。
敷地面積4万平米、従業員数約1000人を擁する世界でも屈指の規模を誇るムーブメント生産工場を自社所有だからこそできる奇跡的低価格。
私は、機械式腕時計はいくつか所有してますが、トゥールビヨンは持ってなくて、さっそく購入しましたよw
「時間なんかスマホでいいんじゃね?」って人や、
機械になんら興味ない人にはわからないと思いますが、腕に小宇宙が宿る感じ。
こんなの好きだなあ・・・(^^)
とはいえ、時間はいつもスマホで確認してますが、何か?ww


人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |