2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物(日中・ナイトセッション)、CFD 本日の結果
2016/11/15(Tue)
日経225先物 日中デイトレード

11月15日の結果  0円

日経225先物 一撃クン+ナイトセッションデイトレード+コバンザメ君 

11月14日~11月18日の結果(毎土曜にまとめてアップします)  +7040000円

今月合計    +6700000円

CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 11月14日の結果 +90000円

今月合計   +390000円

事実上発効の可能性がほぼなくなったTPPの承認案・関連法案を強行採決するという恥を世界にさらしたばかりの安倍首相。だが、じつはアメリカ大統領選の前日にあたる8日にも、厚かましいにも程があるメッセージを発表していた。

 それは、「日本の未来を担うみなさんへ」と題されたもので、子どもの貧困対策の一環として立ち上げた「子どもの未来応援国民運動」1周年の集いで公表された。その文章は、〈あなたは決してひとりではありません〉というポエム調の一文からはじまる。

原文はすべての漢字にルビが振られているように、このメッセージは子どもたちに向けられたもの。社会は君をひとりぼっちにしないよ、好きなことに挑戦して夢をかなえようね──。なんとも美しいメッセージだが、この文章では地域社会の人びとの支えが語られるだけで、メッセージ発信者たる安倍首相が子どもたちを「どんなふうに支えるか」は一切ないまま「応援しています」と言うだけ。

 しかも、安倍首相はこの「子供の未来応援国民運動」1周年の集いで、こんな挨拶までおこなっている。

「様々な困難を抱える子供たちがいます。その勉強を助け、食事を出し、あるいは、落ち着いて居られる場所を用意する。そういった活動を支援団体の皆様に、是非、続けていただきたい」

「是非、続けていただきたい」という他人事感──。徹頭徹尾、安倍首相は子どもの貧困を政策として捉えず、地域と子ども本人の努力の問題として片付けようとしているのだ。


http://lite-ra.com/2016/11/post-2692_2.html

201652452896442858.jpg

アベシンゾーがこども食堂を利用してる子供たちにあてたドヤ顔メルヘンメッセージが、
あまりに他人事だとしてネットで非難轟々ですww
まあ、これは要約すると
「(子供の貧困問題に関して)国は何にもしねーから、周りの親切な人たちに頼ってね♪」ってことです。
外国には気前よくカネばら撒きますが、
日本の将来を担う子供たちにはビタ一文使わない自民党政治をこれでもかというほどに体現してますねw
日本はいま、子どもの貧困が6人に1人という“貧困大国”状態にあります。
給食費も払えない家庭が激増してるんですね。
そんな中、こども食堂は、家庭の事情で満足に食事を摂る事が出来ない貧困家庭の子どもや一人で食事をしなければならない孤食の子ども達の為に作られた特別な食堂の事です。
食堂によって違いはありますが、
こども食堂ではおよそ月1回~週3回のペースで地域の貧困家庭に健康的な食事が提供されており、
無料または100円~500円の安価で栄養バランスの取れた食事が渡されています。
国からの援助なんかなくて、こども食堂で調理を行うスタッフはほとんど全員ボランティアの人達。
食堂で必要になる食材や調理器具、食器などは基本的に地元住民の寄付や募金で賄われいます。
こども食堂は、あまりの国の無策ほったらかしぶりに業を煮やした善意の人々によって、ギリギリの運営がなされてる。
そこにこの他人事メッセージですから、そりゃ、怒るわな。
アベシンゾーって、携帯キャリアに携帯電話料金引き下げ要請やら、経済団体に賃金引上げ要請やらやってますが、
全部が全部口だけですw
実際に政策やカネを突っ込まない。
「国民の味方ですよ~♪弱者のための政治やってますよ~♪」てなかんじでアリバイ工作的にアナウンスしてるだけです。
口だけなら何とでも言えるもんねw
アベ政権の悪夢がいつまでつづくかわかりませんが、
退陣する頃にはペンペン草さえもはえない荒野と化してるのだけは確かです。


人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |