日経225先物(日中・ナイトセッション)、CFD 本日の結果

日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

12月12日の結果  0円

日経225先物 一撃クン +X

12月5日~12月9日の結果(毎土曜にまとめてアップします)  -1450000円

今月合計    -1400000円

CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 12月9日の結果 +210000円

今月合計   +380000円

● 危機を招いた 久美子体制の 二つの過ち

大塚家具の業績はなぜこれほどまでに落ち込んだのか。大きな理由は二つある。

一つは中途半端な価格戦略だ。家具業界は、低価格商品を強みとするニトリやスウェーデンのイケアの勃興によって、
高級品と普及品への二極化が進んだ。勝久前会長は、そうした変化の中にあっても高級品路線を貫いてきた。

一方、久美子社長はニトリやイケアに対抗すべく、従来よりも低価格な商品を増やし、全方位戦略を敷いている。そのため、「誰がターゲットなのか」がぼやけてしまった。

より大きな理由は二つ目にある。安売りセールによる「大塚家具ファン」の心離れだ。

大塚家具は創業以来、問屋を通さないという流通形態を取ることで百貨店などの競合と差別化し、高級品をできるだけ安く販売するモデルを築いてきた。

1993年以降は、商品は最初からできる限り低価格に抑え、どれだけ客に頼まれても「原則、値引きはしない」をおきてにした。
客が愛想を尽かして帰っても、百貨店などで同じ商品の価格を比較して、大塚家具に戻ってくるケースが多かったという。それ故、リピーターが多いのが特徴だった。

安易なセールは、このモデルでつかんだファンからの信頼を裏切ることになる。
しかし、15年4~5月に開催した「大感謝セール」以降、久美子社長体制ではこれまでに計4回のセールを実施した。

“禁断の果実”に手を出した結果、15年3月の株主総会以降、セール実施月を除くと、
店舗売上高が前年実績を超えた月はほとんどない。結局、業績悪化に拍車が掛かるばかりとなった。

売却予定とみられる春日部の土地は、勝久前会長が購入を決めたものだ。
久美子社長は当時、土地の購入に断固反対していた。

皮肉にも、勝久前会長が購入を決めた土地が資産価値を上げ、その売却益によって、久美子社長体制は救われようとしている。

とはいえ、一時的な止血であり、根本的な解決策ではない。通期決算は来年2月中旬に発表され、
3月下旬には株主総会が控える。再び大塚家具に注目が集まることになりそうだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161212-00110904-diamond-bus_all

20164548787878.jpg


業績悪化が止まらない大塚家具ですが、ついに赤字補填のために資産売却に手を出してきましたね。
それも大塚パパ時代に買った土地だそうで、
もともと娘の久美子氏が購入に反対していた土地ということでなんとも皮肉ですね。
大塚家具は、従来の高級路線からの転換で親子対立したわけですが、
経営権を奪取した久美子氏の戦略は完全に裏目に出てますね。
まあ、前にもブログで書きましたが、遅きに失した感は否めません。
中低価格の普及品を購入する層は、イケアとニトリががっちり押さえていて、
大塚の大看板が今更方向転換しても厳しいでしょう。
高級路線の大塚家具本体は残しておいて、
大塚の名を冠したセカンドブランドをもっともっと早期に立ち上げておけば、また違っていたかもしれない。
まあ、それとて衰退を遅らせる対症療法のようなもんで、根本の原因は「一億総中流」の崩壊です。
結婚や住宅購入などの普通の人によるハレの日の背伸び消費で成長してきたわけですが、
年々中間層、いや人そのものが少なくなってるから、図体のでかい大塚家具は誰が社長やっても衰退は避けられない。
ちょっと無理してでもいい家具を買ってくれた分厚い中間層がいなくなってしまった。
先見の明があったのはニトリですね。
ニトリはかなり以前から家具オンリーの販売から脱却し、雑貨などが売上の半分を占めるようになっている。
ニトリが圧倒的な業績を維持できているのは、
中間層の消滅を冷静に予測しつつ客単価が安い商品を大量販売するというビジネスモデルに切り替えたからなんですね。
その点はイケアも似てますね。中高価格家具オンリーの大塚家具とは対照的です。
今後、この流れは加速するので、
大塚にかぎらず市場変化に早い段階で対応できない企業はあっという間に淘汰されると思いますね。
あっという間に・・・・です。

強い者、賢い者が生き残るのではない。変化できる者が生き残るのだ。

ダーウィンの名言です。


人気ブログランキングへ

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

相場歴21年の個人投資家です。

Author:相場歴21年の個人投資家です。
投資歴20年の専業トレーダーです。
証券会社の担当営業マンに電話注文するのが取引の主流だった時代に親のすすめで相場の世界へ・・・当時600万円で購入した値がさ株があっという間に850万円になり株にのめり込むものの、所詮はビギナーズラックというやつでそこからはボロ負けのフルボッコに。
現物株、先物、商品、投資ファンド、FXすべてに手を出して家一軒分の投資資金をきれいさっぱり溶かす。
失意のどん底にあるときに、突然、天啓のごとき閃きでオリジナルのトレード手法を開発。本当の敵は、「常識」や「思い込み」だときづく。
相場の世界は、一見ダイヤモンドに見えるものが石ころで、一見石ころに見えるのがダイヤモンドだったりする。
実体があるものと思い込んで必死で追いかけてるものは影だったりする。
だから勝てないだけ。

ここ数年でAI(人工知能)による売買が主流となり、相場と対峙していてもかつてのような人間臭さはまったく感じなくなりました。
かぎりなく無味無臭でフラットな世界になってきた印象です。
昔だとちょっとしたマーケットのクセやアノマリーは数年の賞味期限
がありましたが、今はあっという間に雲散霧消してしまう。
考えてみれば当たり前です。世界一のチェスプレーヤーや将士すらまったく勝てないようなAI(人口知能)が相手なんですから。
しかも、開発者はノーベル賞クラスの地球トップレベルの学者ばかりです。

いよいよ総力戦になってきた。

ブログ歴10年。
強いご要望にお応えしてFXデイトレ配信とバイナリーオプションのポジションメール配信サービス再開です。
トレードの参考にしてください(^^)
これからの超長寿時代にあって、年齢も性別も学歴も職歴も地理的要因も関係なく、
世界中で365日24時間オカネを生み出すチャンスがあるのは、こうした相場の世界だけです。地球最大規模のオンラインカジノともいえますが、持たざる者、何もない普通の人ほど投資リテラシーを身に付けるべきだというのが私の一貫した持論です。
配信サービスだけでなくリアルタイム実戦トレードの個別指導も行っております。
勝てなくて当たり前、負けて当然の戦場ですが聖杯は存在します。
メールかお電話にて無料で相談受付中。


時事ネタも毎日更新です。
よければ膨大な10年間の過去記事もご覧ください(笑)


座右の銘は「人間万事塞翁が馬」「諸行無常」

永遠に生きるかのように学び、明日死ぬかのように生きたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ 海外バイナリーオプションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX 売買シグナル配信へ
にほんブログ村
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物 専業投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村




お問い合わせは

toretorefxbo@yahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ