2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
日経225先物(日中・ナイトセッション)、CFD 本日の結果
2017/02/09(Thu)
日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

2月9日の結果  -280000円

日経225先物 一撃クン +X
2月6日~2月10日の結果(毎土曜にまとめてアップします) +0円

今月合計    +1620000円

CFD(ダウ・SP500・ナスダック・原油・ドイツ30・イギリス100等) 2月8日の結果 -20000円

今月合計   +330000円


高齢化が加速し、年間10万人が介護による離職を迫られている状況の中、介護離職はもはや人ごとではありません。早ければ30代から始まり50代をピークに増え続ける介護離職の現状を踏まえ、ある日突然やってくる介護と仕事の両立対策について考えます。
. 「介護と仕事」の両立に悩む人は、今後ますます増加する

●介護専念者の5割強が、介護開始から1年以内に離職

●離職の最大のきっかけは「自分以外に親を介護する人がいない」

●介護転職の厳しい現実 ―― 平均年収が男性で4割、女性で5割ダウン

 明治安田生活福祉研究所の「仕事と介護の両立と介護離職に関する調査」(2014年)によると、介護と仕事の両立に板挟みになられている方々のリアルな現実が浮き彫りになっています。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170209-00010000-nikkeisty-bus_all

年々増えてる介護離職ですが、いったん離職して、
介護を続けながら働けるような職場に運よく再就職できても収入が激減します。
年収はほぼ半分になると思って間違いない。
子供の養育費や住宅ローンなんか抱えてたら、一気に家計破綻です。
「介護離職ゼロを目指す」なんて自民党は毎度おなじみの口だけのスローガン掲げてますが、
ゼロどころかどんどん増えますよ。
トランプ大統領とのゴルフプレー&エアフォースワン同乗チケット代として、米国へ50兆円差し出してる場合じゃない。
とりわけ首都圏は悲惨です。
比較的安い特養などの施設に頼ろうたって利用基準が厳しいし、
激増する要介護者の数に比して、受け入れる箱も人も少なすぎる。
すぐに入所できる介護サービス付き老人ホームなんて、
高額の一時金と月額利用料で普通のサラリーマンの収入ではまず無理ですよ。
結果としてほとんどの人が介護という「必然」に対しての選択肢をもつことなく、
自宅介護を余儀なくされるわけです。
平均介護期間は5年ですが、10年越えるケースもザラです。
介護休業は93日間とることができますが、育児と違って介護のゴールは見えません。
いつまで休めば職場に復帰できるか、予測がつかないのです。
93日間で介護が終われば、だれも悩むことはないのです。
まあ、93日間というのは、家族に介護が必要になった場合、
介護者を見つけたり、介護施設に入所する準備をしたりする期間と思っていいでしょう。
これからはどんどんと状況がシビアになってきますから、
いざそのときが来る前に予めいろんなシュミレーションをやっておいたほうがいいと思います。
心の準備、カネの準備です。
介護は、ある日突然にやってくる「必然」だと覚悟しておいたほうがいいってこと。
とくにカネね。
人生カネがすべてではないですが、すべてにカネがかかる。
カネで愛情は買えないけど、カネで愛情は維持できる。
カネがなくて追い詰められて、「早く死んでくれ」と生み育ててくれた親を憎むようじゃ、親も子もあまりに不幸すぎる。
亡くなればもう二度と会えぬ親へ愛情ある恩返しができるように、余裕のあるうちにいろいろと準備しておいてください。

201729.png



人気ブログランキングへ


 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |