2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物(日中・ナイトセッション)4/28の結果
2017/04/29(Sat)
日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

4月28日の結果  +20000円

日経225先物  一撃クン & 一撃クン+X
4月24日~4月28日の結果(毎土曜にまとめてアップします) -1020000円

今月合計    +410000円

メルカリを使った事実上の金銭のやり取りを狙う出品が止まらない。2017年4月27日には領収書が出品されているとSNSに投稿されて騒ぎになった。翌28日には現金書留でキャッシュバックをするとの出品があった。運営元は個人間取引の利点である自由さと、不正利用を防ぐ出品制限のバランスに頭を悩ませる。

 4月27日、一部のSNS上で無記名の領収書がメルカリに出品されていると話題になった。出品者や購入者の意図は不明だが、個人事業主が経費を計上して所得税の控除を受ける仕組みを悪用し、脱税を図る目的で使われる恐れがある。

 運営元のメルカリによれば、サービス開始当初から領収書の出品を禁止しており、利用規約にも記載していた。従来の監視体制に沿って、見つけ次第削除している。ここへ来てネット上で話題になったのは、現金の出品禁止騒動に便乗したいたずらに近い投稿だった可能性があるという。

 4月28日には「1万3500円のパワーストーンを購入したら現金1万円をキャッシュバックする」といった出品も確認できた。購入額に比べてキャッシュバック額が不自然に大きいうえに、現金を現金書留で郵送するという。既に買われたものもあった。これについてメルカリは、利用規約に違反するとして削除対象に加えた。

 メルカリは現金そのものや換金目的の出品が相次いだ事態を重く見て、監視や削除の体制を強化する方針を打ち出している。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/042801326/?rt=nocnt201742911.jpg

まるっと説明すると、これって昔からあるクレジットカードのショッピング枠の現金化なんですが、
昔は怪しげな電柱広告とかスポーツ新聞なんかの三行広告にあった裏家業だったものが、
今では堂々たるITビジネスとなっておりますw
メルカリって、三井物産や日本政策投資銀行も出資する“大手”だけど、
クレカの現金化に執念を燃やすメルカリ民によってネット上の西成あいりん地区になってしまってるw
まあ、闇金業者がやってるんだろうと思いますが、クレカの現金化ビジネスはけっこう手堅いんですよね。
クレカの現金化での融資の場合には、カード会社が立て替えて支払うことになります。
だから、業者にとっては、貸金業の一番面倒な作業となる「回収」を省くことができるのです。
しかも、儲けもでかい。
平均的な換金率は70%ぐらいなので、10万円の決済に対し融資される金額は7万円となります。
融資7万円に対し、ショッピング枠で支払うのが10万円なので利息は3万円です。
メルカリに出品してる名目上の“商品”なんて、そこらへんの石ころとか空き缶でいいわけで、原価もゼロ。
まさに暴利。そりゃ、並々ならぬ執念を燃やすわけですw
昔は、換金性の高いブランド物や家電製品を客に買わせて、
手数料をさっ引いて業者が買い取るスタイルで、アナログで趣き深いものがありましたが、
今は悪い意味で洗練されていて、もはや寒々しさしか感じませんね。

経済協力開発機構(OECD)の調査によると、日本の生活満足度の平均値は、
比較可能な47カ国・地域で下から6番目にまで急降下しております。
これがアベシンゾーの目指す「美しい国」の現実です。
あ~ヤダヤダw



 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |