2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
日経225先物(日中・ナイトセッション)6/19の結果
2017/06/19(Mon)
日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

6月19日の結果  0円

日経225先物  一撃クン & 一撃クン+X
6月12日~6月16日の結果   +1180000円

今月合計    -160000円

子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支援の必要性を指摘している。

 子どもの虫歯は、親の学歴や収入と関わりがあると言われているが、この格差が子どもの成長につれてどうなるかは、あまり研究されていないという。

 東北大の相田潤・准教授(歯科公衆衛生学)らは、厚生労働省が実施している、2001年生まれの子どもを対象にした追跡調査の約3万5千人のデータを分析。両親の学歴で四つのグループに分け、2歳半から1年ごとに過去1年間に虫歯治療を受けた子どもの割合を算出し、比較した。

 その結果、両親とも大学以上を卒業した家庭では、虫歯治療を受けた子の割合は2歳半で5・6%、5歳半で31・5%だった。一方、両親が中学または高校卒業の家庭では、2歳半で8・5%、5歳半で41・5%で割合が高かった。虫歯治療を受けた割合の差の広がり方にも、統計学上の意味があったという。


https://www.asahi.com/
201715747889.jpg

親の学歴は職業にリンクして、家庭の経済状況と密接な関係がありますが、
さらには歯の状態にも影響を与えてるようですね。
これは確かに納得だ。
口腔崩壊といって、10本以上の虫歯や歯根しかないような未処置の歯が何本もあり、
食べ物をうまくかめない状態を指す用語がありますが、最近はかなり増えているようです。
虫歯自体は年々減少傾向にありますが、歯の健康格差がかなり広がっています。
ほとんど虫歯のない美しい歯の子供も増える一方で、虫歯だらけでボロボロの状態の子供も急増してる。
貧困世帯が増えたらだという指摘もありますが、それはちょっと違うだろう。
歯ブラシも歯磨き剤も安いもんだし、貧困が原因というよりは、単にだらしない親が増えただけ。
自分自身が無知で無関心でだらしないから、歯の大事さや日頃のケアを子供に教えるわけもなく、
子供たちはおのずと虫歯だらけになる。
そりゃ、口腔崩壊する子供も出てくるわけです。
こういう親は、子供が虫歯になっても、わずかな治療代がもったいないからってんで放置してるんだろう。
まあ、たしかにこの段階では「貧困」が口腔崩壊の加速原因ではあるな。
つーか、こういう親って、子供に正しい箸も持ち方も教えないんだろうな。
外食が多い私ですが、カウンター席主体の和食店だと、隣の客の手元もよく見えるわけで、
いい年して箸をちゃんと持てない人をたまに見かけますね。
小学生ぐらいの子供ならまだしも、40や50にもなろうかという中年だと、
もう回りもあきらめモードで誰も注意しないんだろうなw
あれね、人によっては速攻で“育ちの悪い人”“付き合いを避けるべき人”認定されるから、
心当たりのある人は今すぐにでも矯正したほうがいいですw


☆☆☆お知らせ☆☆☆

次回の「FXセミナー」「新225セミナー」のご新規様受付は7月3日(月)となります。
FXセミナー、新225セミナーのご案内




人気ブログランキング

 日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |