2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
日経225先物(日中・ナイトセッション)9/11,12の結果
2017/09/12(Tue)
日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

9月11,12日の結果   0円

日経225先物  一撃クン & 一撃クン+X
9月4日~9月8日の結果 (土曜にまとめてアップします)  +740000円

今月合計    +380000円


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

一卵性双生児と二卵性双生児の類似性を比較することで、
人の性質や能力に遺伝が及ぼす影響を解明する研究がある。

遺伝子が100%同じ一卵性双生児と50%同じ卵性双生児。
同じ環境で育った一卵性双生児と二卵性双生児の類似性を比べて、
一卵性双生児の方が似ているのであれば、遺伝の影響と言える。

行動遺伝学を研究する安藤寿康氏によると、
この双生児法によって解明された遺伝の影響割合は次のとおり。
なかなか刺激的な数値が並んでいる。

また安藤氏の「日本人の9割が知らない遺伝の真実」によると、
日本人男性の収入への遺伝の影響に関する研究結果もあり、


「就職し始める20歳ぐらいのときは遺伝(20%程度)よりも共有環境(70%程度)がはるかに大きく収入の個人差に影響していることが示されました。ところが年齢が上がるにつれ、その共有環境の影響はどんどん小さくなり、かわりに遺伝の影響が大きくなって、最も働き盛りになる45歳くらいが遺伝の影響のピーク(50%程度)になり、共有環境はほぼゼロになるのです。」

裕福な家に生まれた人は若い頃はコネなどの恩恵があるが、
実力が問われる働き盛りの年齢では遺伝の影響が強くなる。
つまり生まれた家の貧富の差より遺伝の差が生涯収入を決める。

そして一般的には教育は格差をより小さくするためというイメージだが、
教育により環境面の差を小さくすれば、逆に遺伝的な差が顕在化すると指摘。


http://pixy10.org/archives/post-4608.html

2017567497.png

双生児の研究で「生まれか育ちか」「遺伝か環境か」とうやつで、
なんかこの表見たら、ほとんどが遺伝ですね(^^;)
音楽やスポーツはまだわかりますが、変わったとこだと、
読書時間 勉強時間 予習復習 運動 朝食をとる 歯を磨く 選挙に行く 職業選択
問題に対する対処 部屋の片付け具合 友人の数 離婚 初体験 タバコへの依存
不倫・性的放逸 麻薬 同性愛 殺人 強盗 非行 収入・・・などが25%以上の遺伝の影響らしくて、
これらは皆、学術的論文で報告されたものばかりです。
ざっくりいえば、人の能力の半分は遺伝、残り半分は非共有環境によって形づくられているようで、
どんな遺伝子を持って生まれてくるか、どんな環境に出会うかは運だから、努力でどうこうという問題ではないのだそうです。
まあ、なんとも身も蓋もない 話ですが、これは皆がうすうす感じてることだろう。
私の甥っ子なんですが、幼少時はたいそう美少年で、
母親は「将来はジャニーズに入れてアイドルにするぅぅ!」と冗談なのか本気なのか鼻息荒くしてましたが、
なんのなんの、成長するにつれて、けっしてイケメンではない父親そっくりにw
30歳のころにはもう完全に瓜二つになりましたw
遺伝子ってやっぱすごいわ・・・・。
年を重ねるごとに容姿や性格、趣味嗜好が親に似るケースはたくさん見てきた。
私も子供のころ嫌いだった食材を成人してから好きになって、これがじつは親の好物だったりとかありますねw
人間は年齢を重ねるうちに遺伝子の素質が引き出されて「本当の自分」になっていって、その旅は死ぬまで続きます。




人気ブログランキング

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |