2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
日経225先物(日中・ナイトセッション)10/5の結果
2017/10/07(Sat)
日経225先物 日中&ナイトセッションデイトレード

10月5日の結果   +0円

日経225先物  一撃クン & 一撃クン+X
10月2日~10月6日の結果 (土曜にまとめてアップします)  -860000円

今月合計    -860000円


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。
母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

本書を執筆したのは、科学ジャーナリストの松浦晋也です。
男性、50代。実家に母と同居しながら、気ままな独身生活がこの先も続くと信じていました。
ところが、人生を謳歌していたはずの母親が認知症を患います。
母の様子がおかしいと気がついたのは、「預金通帳が見つからない」と言いだした時のこと。
誰だって、自分が確立した生活を崩したくないもの。様子がおかしいと認めなければ、それは現実にはなりません。
そんな甘い意識から見逃した母の老いの兆候は、やがてとんでもない事態につながっていきます。
初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…。
認知症の親の介護について描かれたノンフィクションストーリーはたくさんありますが、
「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。
認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧ください。

≪主な内容≫
【第1章】「事実を認めない」から始まった、私の介護敗戦
  好き勝手に生きて、直面した介護/「うっかり」だと思いたかった私
【第2章】母は「認知症?私はなんともない! 」と徹底抗戦
  献身する者が憎まれる不合理/そして自分が入院してしまう
【第3章】その名は「通販」。認知症介護の予想外の敵
  過去の「おかしなこと」が噴出する/「知らない」「買ってない」を何度も繰り返す
【第4章】家事を奪われた母が、私に牙を剥く
  「これはまずい! おいしいものを頂戴! 」/なんとかなるさ、もう少しがんばれば
【第5章】介護のストレスで自分が壊れ始めた
  神経が焼ける感覚、ついに幻覚が/温泉で湯あたり、散歩で転倒
【第6章】「兄貴、ぜんぶ自分で抱え込んじゃダメだ! 」
  悩む前にまず「地域包括支援センター」/困っていることは隠さず強調すべき
【第7章】「イヤ、行かない」母即答、施設通所初日の闘い
  運動に熱心に取り組んでいた母/3時間、つかの間の解放感を味わう
【第8章】家族が「ん? ひょっとして認知症?」と思ったら
  「その日」が来る前にやっておくこと/もしも親孝行をしたいなら
【第9章】父の死で知った「代替療法に意味なし」
  薬機法を通らない(通さない)ことの意味/「同情するなら金をくれ」

1246879867.jpg

https://www.amazon.co.jp/dp/4822259455

日経ビジネスオンラインで連載された介護ノンフィクションで、大反響を呼んだ本書ですが、
年々激増している介護問題を対岸の火事として無視できない現実がリアルに伝わってきます。
介護を甘く考えていたのか、最初は公的サービスを利用せずに孤軍奮闘していた著者。
ですが、母親の認知症は悪化の一途をたどり、シモの世話までし、
経済的にも追い詰められ、ついには母親に手をあげたところまで、著者は正直に記します。 
似たような介護ノンフィクションはいくつか読んだことがありますが、
だいたい同じパターンですね。 
仕事をしながら自分でなんとかなると考えて、肉体的・精神的、そして経済的に追い詰められるパターンです。
とくに男は周囲に相談せずに自分で抱え込み自滅する。
介護は根性や気合で克服できるもんじゃない。
ともに戦うパートナーが必要です。
プロであるケアマネジャーや介護福祉士との初期段階での連携は不可欠です。
じつは私の妻の友人がリアルの介護問題に直面していて、話を聞くとほんと壮絶ですよ。
最初こそ愛情をもって接することができても、この超長寿時代にあって、
いつまで続くかわからない不安と恐怖が日々増大するわけです。
財産すべて失ってもでも誰かに丸投げしたくなるって言ってたなあ・・・・。
この著者も母親に手をあげるまでに追い込まれますが、
あらゆる可能性を排除せずに前もって“準備”していれば、そこまで哀しいことにはならないと思う。
現在、45~49歳男性の非婚率は3分の1に達しています。
単身男性による親の介護は、今後爆発的に増えていくので、
私と同世代前後はいろんな介護関連書籍などで予習しておいたほうがいいでしょう。
ぶっちゃけ、あとはカネの問題です。


人気ブログランキング

日経225先物以外に私はFXもしております。FXのブログもご覧ください↓
FXブログ

FXで稼ぐなら・・・

、、CFDや日経225先物などの投資情報なら下記リンクで探せます↓
c_01.gif
banner_22.gif
bnr02.gif
.
スポンサーサイト
この記事のURL | 日経225先物&CFDのトレード結果 | ▲ top
| メイン |