2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
大学は出たけれど・・・
2010/09/02(Thu)
大学は出たけれど・・・

400x268-2009061900031.jpg


大学生の就職難がつづいています。

なんでも、来年は新卒の6割程度しか就職できないとか・・・・・。

思うに就職はかなり運(要は景気がいいか)の要素が強くて、個人ではどうにもしがたい面が色濃いように思います。

70~90年代半ばぐらいまでなら、大学さえ出ていたら就職自体ができないなんてことはなく、

バブル時代なら、三流大学のかなりの馬鹿でも大手一流企業に就職できました。

今では?

今ではかなり名の通った大学の学生でも苦戦するらしく、就職浪人!?を選択する学生も多いらしいですね。

女子学生にいたっては、面接にすすむのも困難らしく、手っ取り早く永久就職(結婚)を希望する学生が急増中とか・・・。

さすがにちょっと気の毒に思いますが、結局はいつの時代に生まれるかで決まるんですよね。就職戦線って。

学生の中には、この厳しい雇用環境が来年以降は改善すると思っている人も多いみたいですが、

基本的にそれはないでしょう。

日本経済にはもう“ノビシロ”がないので、かつてのような好景気は100%ありえません。

もうかつてのように、護送船団方式で社員を養うことはできないのです。

学生はまず、企業におんぶにだっこの発想をやめるべきだと思いますね。

そうすることで、人生を俯瞰する角度が変わります。

当然、見えてくる景色も違うのです・・・・。

物事をみなと同じ一元的一方向からしか見ないと、当然見える風景はいつもいっしょ。。。。。

同じところで悩み、つまずく・・・・これでは「解」は見つかりにくいですよ。

行き詰まったら角度を変えて見てみる・・・・押してもダメなら引いてみなっと(笑)

ずっとはるか昔、私が中学生のころ灘高校か開成高校の入学試験問題だったと思いますが、人間の思い込みの盲点をついた難問(奇問!?)がありました。

記憶が定かではないのですが、問題文がたったの2行の連立方程式っぽい問題だったのですが、

とにかく解けない・・・・どっからどう見ても連立方程式に導く問題なんですが、方程式が成立しない。

どうしてか???

じつは方程式の問題だと思いこんでいたのは、実際には超簡単な加減剰余の問題だったのです。

受験生のこり固まった思考回路を熟知している狡猾な出題者のワナにかかってしまって、

最初の段階で、連立方程式の問題だと頭から思い込んでいるから正しい角度で見れない・・・・

だから解けない。

似たような例だと、物理学に似せた数学の問題なんかもありましたね。

最初に問題を俯瞰する角度を自らロックオンしているから、容易に迷宮から抜け出せない・・・

答えは簡単なのに。

就職も同じ・・・・古き良き時代の使い古した成功体験に取りつかれたゾンビのような価値観でロックオンしているから、本来の姿が見えないのではないでしょうか?

仕事なんて他人に決めてもらうものではなく、自分で決めるものです。

面接に受かったから、そこが一生の仕事場??

あなたの将来の人生は面接官の気分次第??



私は大学卒業後わずか2年しかサラリーマンをしていません。

親が資産家でもなく、

私自身も頭はよくないし、

これといった特技・資格もありません・・・・けどなんとか生きています(笑)


今思えば、大学生のころ既に“就職”という儀式に、ある種の疑念を抱いていた私は就職活動をしていません。

みなと同じように「面達」を読み、

これまたみなと同じ濃紺のリクルートスーツに身を包み、

どこの企業にも「御社が第一希望です!」とウソをいい、

自分を拾ってくれる企業を探す儀式に・・・・これで一生涯が決まるん??ってなかんじでしたww

まあ、がんばって大学まで行かしてくれた親のこともあるし、世間体もあるので、コネで大手企業に就職しましたが・・・・・。


人間は本来は自由なもの、縛られないものであって、

無数の出会いと可能性を内包した人生は楽しくエキサイティングです。

組織に依存しなければ生きていけない??

大企業でないと死んじゃう??

そんなことありませんよww

私がいまの大学生なら迷わず、単身でも中国やインドで勝負してやりますよ。

なんでか?

昔の日本ぐらいに“ノビシロ”たっぷりがあるから、衰退が約束されている日本より格段に成功しやすい・・・。

経済なんで超シンプルです。

ターゲット人口が増え続ける時代・地域にビジネス展開するだけで成功は半分確定するんですよ。

日本なら断然、高齢者むけ・・・良くも悪くもこのセクターは“ノビシロ”がたっぷり・・・・。

高齢者向けは、まだまだいろんなジャンルが手付かずです。

お金も時間もあって、それでいて年々増え続けているこのセクターはチャンス大ですね。

高齢者にフォーカスして大成功!?している振り込め詐欺の独壇場ですね(><)

じつにもったいない。。。。

人生は一度きり・・・若者も雇われることばかり考えないで、起業してみては??


今日はソフトバンクの「孫正義LIVE2011」をご紹介いたします。


少し長いのですが、示唆に富んだとてもいいことを言っています。

私のブログでも、たまに学生の方が見てくださるようなので、ヒマなときにでもご覧ください(^^;)

私的にとくに、印象に残っているのは・・・・

リスクヘッジをするから勝てない

登りたい山を決める。そうしたら人生の半分が決まる

・登りたい山、とは、「人生で達成したい志」ということ。

・登る山を途中で変えるのは時間が無駄

・登る山を決めずに歩くのは“さまよっている”のと同じ


そのほかにもカリスマならではの面白いエピソードがありました。

1週間ごとに資産が1兆円づつ増えていくとか・・・・すごいですw

是非、動画でご覧ください(^^)

スポンサーサイト
この記事のURL | 雑文コラム~管理人の独り言~ | ▲ top
| メイン |